国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

子宮摘出術が尿失禁に及ぼす影響。システマティックレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Prog. Urol..2020 Jul;S1166-7087(20)30210-4. doi: 10.1016/j.purol.2020.06.002.Epub 2020-07-07.

子宮摘出術が尿失禁に及ぼす影響。システマティックレビュー

[Impact of hysterectomy on urinary incontinence: A systematic review].

  • L Harendarczyk
  • C Cardaillac
  • E Vaucel
  • Y Joueidi
  • P Gueudry
  • V Dochez
  • T Thubert
PMID: 32651102 DOI: 10.1016/j.purol.2020.06.002.

抄録

序論:

子宮摘出術が尿失禁に与える影響は、文献の中で議論の的になっているテーマである。

INTRODUCTION: The impact of a hysterectomy on urinary incontinence is a controversial subject in the literature.

目的:

子宮摘出術後の尿失禁の有病率と発生率、および子宮摘出術の種類、手術アプローチ、尿力学的基準、子宮疾患などの関連する危険因子を評価すること。

OBJECTIVE: To evaluate the prevalence and incidence of urinary incontinence after a hysterectomy as well as associated risk factors such as the type of hysterectomy, the surgical approach, urodynamic criteria and uterine disease.

研究デザイン:

Pubmedデータベースで、以下のキーワードとMeSH用語でシステマティックレビューを実施した:子宮摘出術、尿失禁。

STUDY DESIGN: We conducted a systematic review in Pubmed database with the following keywords and MeSH term: hysterectomy, urinary incontinence.

結果:

合計1340件の論文が検索され、42件が最終的なテキスト解析の対象となった。異なる研究の結果は不均質であった。子宮摘出術は括約筋欠損症の発生率を高めるようであった(VLPP<60mmHOでは20%の症例でVLPP<60mmHO、子宮摘出術なしでは1,7%、P=0.003)。経膣ルートはUIの発生率を増加させ、ORは2.3(95%CI 1.0-5.2)であった。子宮小全摘出術は、子宮全摘出術のRRが0.74(95%CI 0.58-0.94)で、UIを増加させるようである。神経保存を伴う根治的子宮摘出術は、脱髄や膀胱線維化による不可逆的な神経損傷を引き起こす骨盤放射線治療とは異なり、排尿機能を温存することになる。

RESULTS: A total of 1340 articles were retrieved, 42 articles were selected for the final text analysis. The results of the different studies were heterogeneous. Hysterectomy seemed to increase the rate of sphincter deficiency (VLPP<60mmHO for 20% of cases versus 1,7% without hysterectomy, P=0.003). The vaginal route could increase the incidence of UI with OR of 2.3 (95%CI 1.0-5.2). Subtotal hysterectomy appears to increase UI with a 0,74 RR for total hysterectomy (95%CI 0.58-0.94). A radical hysterectomy with nerve conservation would preserve urinary functions, unlike pelvic radiotherapy, which is responsible for irreversible nerve damage by demyelination and bladder fibrosis.

Copyright © 2020 Elsevier Masson SAS. All rights reserved.