国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

耳鼻咽喉科の研修医や教員の女性対男性の性格特性に性別の影響はあるのか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am. J. Surg..2020 Jul;S0002-9610(20)30418-9. doi: 10.1016/j.amjsurg.2020.06.063.Epub 2020-07-01.

耳鼻咽喉科の研修医や教員の女性対男性の性格特性に性別の影響はあるのか?

Does gender impact personality traits in female versus male otolaryngology residents and faculty?

  • Sarah N Bowe
  • Jennifer A Villwock
PMID: 32650976 DOI: 10.1016/j.amjsurg.2020.06.063.

抄録

目的:

性格の性差は以前から関心の対象となっていました。本研究では、女性と男性の耳鼻咽喉科の研修医と教員の人格形質を評価し、グループ間で意味のある違いがあるかどうかを評価した。

OBJECTIVE: Gender differences in personality have long been a subject of interest. This study assessed personality traits within female and male residents and faculty and evaluated for meaningful differences between the groups.

方法:

9つの学術研修プログラムの耳鼻咽喉科の研修医と教員を対象に、ウェブベースの市販の5つの因子に基づく自己記入型性格評価を実施した。心理測定的に検証されたこれらの評価は、生得的な性格を評価するもので、1)長所、2)課題、3)動機/価値を評価した。グループ間の差は、Mann-Whitney U 検定を用いて評価した。男女差の大きさを示すために、効果の大きさの標準化された尺度であるCohenのdを計算した。サブセット分析は、女性と男性の研修医と女性と男性の間の違い、および女性と男性の教員との間の違いを調べるために行われた。

METHODS: A series of web-based, commercially available, self-administered five factor-based personality assessments were given to otolaryngology residents and faculty at nine academic training programs. The psychometrically validated assessments evaluate innate personality 1) strengths, 2) challenges, and 3) motivators/values. Differences between groups were evaluated using the Mann-Whitney U test. A standardized measure of effect size, Cohen's d, was calculated to indicate the magnitude of gender differences. Subset analysis was done to examine differences between female and male residents and female and male faculty.

結果:

回答者は教員78名(42.6%)、住民104名(70.3%)で、その中には女性63名(34.6%)が含まれていた。全体では、女性と男性の間に有意差が見られたのは、28人中28人(4/28;14.3%)の4つの特徴(いたずら好き、想像力豊か、利他的、商業的)であった。住民のサブセット分析では、動機・価値観に関連した2つの統計学的に有意な差が認められた(女性では利他的な行動が増加し、男性では商業的な行動が増加した)。教員のストレス傾向(男性の想像力の増加)については、統計学的に有意な差が見られた。いずれかのグループ間で統計的に有意な差を示した 7 つの形質(7/84;8.3%)を検討すると、4 つは小さな差、3 つは中程度の差と考えられた。

RESULTS: Seventy-eight faculty (42.6%) and 104 residents (70.3%), responded, which included 63 female (34.6%) participants. Significant differences between females and males overall were found across four traits (mischievous, imaginative, altruistic, and commercial) out of twenty-eight (4/28; 14.3%). Subset analysis of residents revealed two statistically significant differences related to motivators/values (increased altruism in females and increased commercial in males). Faculty exhibited a statistically significant difference in one stress tendency (increased imaginative in males). When examining the seven total traits that exhibited a statistically significant difference between any of the groups (7/84; 8.3%), four were considered a small difference and three a moderate difference.

結論:

耳鼻咽喉科の研修医と教員の両方の集団において、性別に基づいて性格特徴の違いが確認された場合、その違いは比較的小さいものでした。全体的に、耳鼻咽喉科の女性と男性では、性格特徴の分布に大きな重複が見られます。したがって、パーソナリティベースのイニシアチブは、知覚された性別の"規範"ではなく、個人に焦点を当てるべきである。

CONCLUSION: When personality trait differences were identified in both otolaryngology resident and faculty populations based on gender, they were relatively small. Overall, females and males in otolaryngology exhibit significant overlap in the distribution of their personality traits. Therefore, personality-based initiatives should focus on the individual, rather than perceived gender "norms."

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.