会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ブラジル,サンパウロの大規模総合病院における定期的なカルテ監査の評価者間の一致度をプロスペクティブに評価したもの. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Health Serv Res.2020 Jul;20(1):638. 10.1186/s12913-020-05495-w. doi: 10.1186/s12913-020-05495-w.Epub 2020-07-10.

ブラジル,サンパウロの大規模総合病院における定期的なカルテ監査の評価者間の一致度をプロスペクティブに評価したもの.

A prospective evaluation of inter-rater agreement of routine medical records audits at a large general hospital in São Paulo, Brazil.

  • Ana Carolina Cintra Nunes Mafra
  • João Luiz Miraglia
  • Fernando Antonio Basile Colugnati
  • Gilberto Soares Lourenço Padilha
  • Renata Rafaella Santos Tadeucci
  • Ederson Almeida
  • Mario Maia Bracco
PMID: 32650769 PMCID: PMC7350682. DOI: 10.1186/s12913-020-05495-w.

抄録

背景:

患者のカルテの質は、患者の安全性、臨床的意思決定、医療提供者間のコミュニケーション、ケアの継続性に本質的に関連しています。また、そのデータは観察研究で広く利用されています。しかし、記録から抽出された情報の信頼性は、評価者間の一致(IRA)を確保するための監査プロセスにおいて懸念される問題である。そこで、本研究の目的は、日常的なカルテ監査におけるPatient Health Record Review Board (PHRRB)のメンバー間のIRAと、評価者との定期的な結果の議論が与える影響を評価することである。

BACKGROUND: The quality of patient medical records is intrinsically related to patient safety, clinical decision-making, communication between health providers, and continuity of care. Additionally, its data are widely used in observational studies. However, the reliability of the information extracted from the records is a matter of concern in audit processes to ensure inter-rater agreement (IRA). Thus, the objective of this study is to evaluate the IRA among members of the Patient Health Record Review Board (PHRRB) in routine auditing of medical records, and the impact of periodic discussions of results with raters.

方法:

サンパウロの大規模公立病院であるHospital Municipal Dr. Moysés Deutschで、2015年7月から2016年4月までの間にプロスペクティブ縦断研究を実施した。PHRRBは12人の医師、9人の看護師、3人の理学療法士で構成され、毎月カルテを監査していました。PHRRB会議は、メンバーが監査プロセスで使用する評価基準についてのコンセンサスを得るために開催された。評価者が患者の二次診断、主訴、提示された訴状の履歴、過去の病歴、服薬歴、身体検査、診断検査の記録を確認するためのレビューチャートを作成した。IRAは3ヶ月ごとに取得した。GwetのAC1係数とProportion of Agreement(PA)を計算し、各項目のIRAを経時的に評価した。

METHODS: A prospective longitudinal study was conducted between July of 2015 and April of 2016 at Hospital Municipal Dr. Moysés Deutsch, a large public hospital in São Paulo. The PHRRB was composed of 12 physicians, 9 nurses, and 3 physiotherapists who audited medical records monthly, with the number of raters changing throughout the study. PHRRB meetings were held to reach a consensus on rating criteria that the members use in the auditing process. A review chart was created for raters to verify the registry of the patient's secondary diagnosis, chief complaint, history of presenting complaint, past medical history, medication history, physical exam, and diagnostic testing. The IRA was obtained every three months. The Gwet's AC1 coefficient and Proportion of Agreement (PA) were calculated to evaluate the IRA for each item over time.

結果:

本研究には239件の記録から1884項目が含まれ、評価者間の全体的な完全一致率は71.2%であった。定型的なPHRRB監査では16.5%のIRAの有意な増加(OR=1.17; 95% CI=1.03-1.32; p=0.014)が見られたが、PAとGwet's AC1との間には有意な差はなく、時間の経過とともに同様の進化を示した。評価者のうち少なくとも1人がレビュー会議を欠席した場合、PAは27.1%減少した(OR=0.73;95%CI=0.53-1.00;p=0.048)。

RESULTS: The study included 1884 items from 239 records with an overall full agreement among raters of 71.2%. A significant IRA increase of 16.5% (OR = 1.17; 95% CI = 1.03-1.32; p = 0.014) was found in the routine PHRRB auditing, with no significant differences between the PA and the Gwet's AC1, which showed a similar evolution over time. The PA decreased by 27.1% when at least one of the raters was absent from the review meeting (OR = 0.73; 95% CI = 0.53-1.00; p = 0.048).

結論:

医療記録の質はケアの質と関連しており、対象を絞った介入によって最適化・改善される可能性がある。PAとGwet's AC1は、ルーチンのPHRRB評価プロセスに組み込むことが可能な適切な一致係数である。

CONCLUSIONS: Medical record quality has been associated with the quality of care and could be optimized and improved by targeted interventions. The PA and the Gwet's AC1 are suitable agreement coefficients that are feasible to be incorporated in the routine PHRRB evaluation process.