国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

悪性胸膜中皮腫に対する肺分離手術は標準的な手順とすべきか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Med.2020 Jul;9(7). E2153. doi: 10.3390/jcm9072153.Epub 2020-07-08.

悪性胸膜中皮腫に対する肺分離手術は標準的な手順とすべきか?

Should Lung-Sparing Surgery Be the Standard Procedure for Malignant Pleural Mesothelioma?

  • Yoshinobu Ichiki
  • Hidenori Goto
  • Takashi Fukuyama
  • Kozo Nakanishi
PMID: 32650433 DOI: 10.3390/jcm9072153.

抄録

背景:

悪性胸膜中皮腫(MPM)の手術手技には、胸膜外肺切除術(EPP)、拡張胸膜切除術/除皮術(P/D)、P/Dがある。MPMには古くからEPPが適用されてきたが、肺を1つ丸ごと失うため術後の状態は極めて悪い。MPMに対する肺温存手術(拡張P/DまたはP/D)と肺犠牲手術(EPP)の死亡率、罹患率、生存期間中央値(MST)をシステマティックレビューにより比較した。

BACKGROUND: Surgical procedures for malignant pleural mesothelioma (MPM) include extrapleural pneumonectomy (EPP), extended pleurectomy/decortication (P/D) and P/D. EPP has been applied to MPM for a long time, but the postoperative status is extremely poor due to the loss of one whole lung. We compared the mortality, morbidity and median survival time (MST) of lung-sparing surgery (extended P/D or P/D) and lung-sacrificing surgery (EPP) for MPM by performing a systematic review.

方法:

電子データベースで同定された文献からイベント数と患者数を抽出した。最終的に15件の報告が抽出され、EPPを受けた患者1434件、拡張p/dまたはp/dを受けた患者1240件を含む2674件のMPM患者を解析した。

METHODS: We extracted the number of events and patients from the literature identified in electronic databases. Ultimately, 15 reports were selected, and 2674 MPM patients, including 1434 patients undergoing EPP and 1240 patients undergoing extended P/D or P/D, were analyzed.

結果:

我々のシステマティックレビューでは、手術関連死亡率(拡張P/D vs. EPP:3.19% vs. 7.65%, < 0.01; P/D vs. EPP: 1.85% vs. 7.34%, < 0.01)および罹患率(拡張P/D vs. EPP: 35.7% vs. 60.0%, < 0.01; P/D vs. EPP: 9.52% vs. 20.89%, < 0.01)のいずれにおいても肺切除手術が有意に優れていた。肺温存手術は、MSTの点ではEPPに劣っていなかった。

RESULTS: Our systematic review showed that lung-sparing surgery was significantly superior to lung-sacrificing surgery in both the surgical-related mortality (extended P/D vs. EPP: 3.19% vs. 7.65%, < 0.01; P/D vs. EPP: 1.85% vs. 7.34%, < 0.01) and morbidity (extended P/D vs. EPP: 35.7% vs. 60.0%, < 0.01; P/D vs. EPP: 9.52% vs. 20.89%, < 0.01). Lung-sparing surgery was not inferior to EPP in terms of MST.

結論:

プロスペクティブランダム化比較試験は実施されていないが、MPMの標準的な手術方法を肺を犠牲にする手術から肺を温存する手術に変更する時期に来ているのかもしれない。

CONCLUSION: Although no prospective randomized controlled trial has been conducted, it may be time to change the standard surgical method for MPM from lung-sacrificing surgery to lung-sparing surgery.