国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ニューヨーク市の労働力における職業別の心血管健康リスク行動 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Occup. Environ. Med..2020 Jul;doi: 10.1097/JOM.0000000000001960.Epub 2020-07-07.

ニューヨーク市の労働力における職業別の心血管健康リスク行動

Cardiovascular Health Risk Behaviors by Occupation in the NYC Labor Force.

  • Candace Tannis
  • Claudia Chernov
  • Sharon Perlman
  • Wendy McKelvey
  • Amita Toprani
PMID: 32649645 DOI: 10.1097/JOM.0000000000001960.

抄録

目的:

我々は、職業と心血管疾患(CVD)のリスク行動との関連を調査した:減量の試み、身体活動、喫煙、レストランでの食事と砂糖入り飲料の消費。

OBJECTIVE: We explored associations between occupation and cardiovascular disease (CVD) risk behaviors including: attempted weight loss, physical activity, smoking, and restaurant meal and sugary beverage consumption.

方法:

NYC健康・栄養検査調査2013-2014年のデータを使用し、2010年の米国国勢調査局分類を使用してフリーテキストで職業別の質問の回答をコード化しました。CVDリスク行動は、人口統計学を調整するために回帰分析を用いて、職種間で比較した。

METHODS: We used NYC Health and Nutrition Examination Survey 2013-2014 data, and coded free-text, occupational question responses using 2010 US Census Bureau Classification. CVD risk behaviors were compared across occupational categories, using regression to adjust for demographics.

結果:

その結果、職種間で健康行動に差が見られた。建設/運輸/メンテナンス業の労働者は喫煙者が多く、管理職よりも減量を試みる傾向が低く、サービス業の労働者はレストランで調理された食事を食べる傾向が低く、営業/事務職は身体活動をする傾向が低い(すべてp"Zs_200A"<"Zs_200A"0.05)。人口統計学を調整すると、健康行動の差は減少しましたが、依然として存在していました。

RESULTS: There were health behavior differences across occupational categories. Construction/transportation/maintenance workers smoked more and were less likely than management to attempt weight loss, service workers were less likely to eat restaurant-prepared meals, sales/office workers were less likely to be physically active (all p < 0.05). Adjusting for demographics, differences in health behaviors were reduced, but remained present.

結論:

職業格差に関する知識は、ターゲットを絞った介入の対象となる集団を特定することで、慢性疾患の予防に役立つ可能性がある。

CONCLUSIONS: Knowledge of occupational disparities may aid chronic disease prevention by identifying populations for targeted interventions.