国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ドセタキセル、シスプラチン、5-フルオロウラシルとの併用治療に不適格な局所進行性切除不能頭頸部癌患者に対するパクリタキセル、カルボプラチン、セツキシマブによる導入化学療法の有効性と実行可能性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. J. Clin. Oncol..2020 Jul;10.1007/s10147-020-01742-6. doi: 10.1007/s10147-020-01742-6.Epub 2020-07-09.

ドセタキセル、シスプラチン、5-フルオロウラシルとの併用治療に不適格な局所進行性切除不能頭頸部癌患者に対するパクリタキセル、カルボプラチン、セツキシマブによる導入化学療法の有効性と実行可能性

Efficacy and feasibility of induction chemotherapy with paclitaxel, carboplatin and cetuximab for locally advanced unresectable head and neck cancer patients ineligible for combination treatment with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil.

  • Hiromichi Shirasu
  • Tomoya Yokota
  • Takeshi Kawakami
  • Satoshi Hamauchi
  • Yusuke Onozawa
  • Hirofumi Ogawa
  • Tsuyoshi Onoe
  • Keita Mori
  • Tetsuro Onitsuka
PMID: 32648132 DOI: 10.1007/s10147-020-01742-6.

抄録

背景:

ドセタキセル、シスプラチン、5-フルオロウラシル(TPF)導入化学療法(ICT)は、局所進行の切除不能な頭頸部扁平上皮がん(LA-HNSCC)に対する治療選択肢である。しかし、進行した年齢、腎機能、心臓機能、神経原性機能障害のある患者は、ICT-TPF療法を受ける資格がない。

BACKGROUND: Docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil (TPF) induction chemotherapy (ICT) is a treatment option for locally advanced unresectable head and neck squamous cell carcinoma (LA-HNSCC). However, patients with advanced age, or renal, cardiac or neurogenic dysfunction are ineligible for ICT-TPF.

方法は以下の通り。:

2013年4月から2018年10月までの間に静岡県立静岡がんセンターでICTとしてパクリタキセル、カルボプラチン、セツキシマブ(PCE)を投与された切除不能なLA-HNSCC患者24例をレトロスペクティブに評価した。

METHODS: We retrospectively assessed 24 unresectable LA-HNSCC patients who received paclitaxel, carboplatin and cetuximab (PCE) as ICT at the Shizuoka Cancer Center between April 2013 and October 2018.

結果:

患者の特徴は以下の通りであった:年齢中央値72歳(範囲60~81)、パフォーマンスステータス(PS)0、1、2、それぞれ1、15、8人、クレアチニンクリアランス≧60mL/minまたは<60mL/min、それぞれ8、16人。PCE選択の主な理由は、腎障害、高齢、心機能障害、PS不良、脳梗塞であった。22人の患者(92%)が2~3サイクルのICT-PCEを完了した。ICT-PCE後、完全奏効を達成したのは1例(4%)、部分奏効を達成したのは20例(83%)であった。21例(87%)が最終的な局所領域治療に移行した。観察期間中央値は25.2ヵ月であった。12ヵ月無増悪生存率と全生存率はそれぞれ75%と92%であった。無増悪生存期間中央値は29.4ヵ月、全生存期間中央値は34.8ヵ月であった。グレード3または4の毒性は好中球減少症(58%)、口腔粘膜炎(8%)、発熱性好中球減少症(4%)であった。

RESULTS: Patient characteristics were as follows: median age, 72 years (range 60-81); 0, 1, and 2 performance status (PS), 1, 15, and 8 patients, respectively, and creatinine clearance ≥ 60 mL/min or < 60 mL/min, 8 and 16 patients, respectively. The main reasons for PCE selection were renal impairment, older age, cardiac dysfunction, poor PS, and cerebral infarction. Twenty-two patients (92%) completed two or three cycles of ICT-PCE. After ICT-PCE, one patient (4%) and 20 patients (83%) achieved a complete response and partial response, respectively. Twenty-one patients (87%) advanced to definitive locoregional treatment. Median observation period was 25.2 months. The 12-month progression-free and overall survival rates were 75 and 92%, respectively. Median progression-free survival and overall survival were 29.4 and 34.8 months, respectively. Grade 3 or 4 toxicities included neutropenia (58%), oral mucositis (8%), and febrile neutropenia (4%).

結論:

ICT-PCEは、切除不能な切除不能なLA-HNSCC患者に対して、TPFの適応がない場合でも忍容性があり、可能性のある選択肢となる可能性があると考えられる。

CONCLUSIONS: ICT-PCE may be a tolerable and potential option for unresectable LA-HNSCC patients ineligible for TPF.