会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ステロイド受容体コアクチベータ-3(SRC-3)のセリン857位のリン酸化は、p38-MK2軸によって制御されており、NF-κBを介した転写に影響を与えています | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Sci Rep.2020 Jul;10(1):11388. 10.1038/s41598-020-68219-4. doi: 10.1038/s41598-020-68219-4.Epub 2020-07-09.

ステロイド受容体コアクチベータ-3(SRC-3)のセリン857位のリン酸化は、p38-MK2軸によって制御されており、NF-κBを介した転写に影響を与えています

Phosphorylation of steroid receptor coactivator-3 (SRC-3) at serine 857 is regulated by the p38-MK2 axis and affects NF-κB-mediated transcription.

  • Anup Shrestha
  • Henrike Bruckmueller
  • Hanne Kildalsen
  • Gurjit Kaur
  • Matthias Gaestel
  • Hilde Ljones Wetting
  • Ingvild Mikkola
  • Ole-Morten Seternes
PMID: 32647362 PMCID: PMC7347898. DOI: 10.1038/s41598-020-68219-4.

抄録

ステロイド受容体活性化因子-3(SRC-3)は、核内ホルモン受容体と多くの重要な転写因子の両方の活性を制御しています。SRC-3 は、細胞増殖、炎症、および乳がん、大腸がん、肺がんを含むいくつかの一般的ながんの進行の制御に関与しています。リン酸化は、SRC-3 の活性を制御する重要な制御イベントです。セリン857は最も研究されているリン酸化受容体部位であり、その修飾がSRC-3依存性の腫瘍進行に重要であることが報告されています。本研究では、ストレス応答性p38-MK2シグナル伝達経路がSRC-3のS857でのリン酸化を制御していることを明らかにしました。また、ストレス応答性 p38-MK2 シグナル伝達経路の活性化により、SRC-3 が核内に移動し、NF-kB の活性化と IL-6 の転写制御に寄与していることを明らかにした。SRC-3 のリン酸化と活性の主要な調節因子として p38-MK2 シグナル軸が同定されたことは、増殖性および転移性腫瘍の増殖を制御するための新しい治療戦略の開発と試験のための新たな可能性を開くものである。

Steroid receptor coactivator-3 (SRC-3) regulates the activity of both nuclear hormone receptors and a number of key transcription factors. It is implicated in the regulation of cell proliferation, inflammation and in the progression of several common cancers including breast, colorectal and lung tumors. Phosphorylation is an important regulatory event controlling the activities of SRC-3. Serine 857 is the most studied phospho-acceptor site, and its modification has been reported to be important for SRC-3-dependent tumor progression. In this study, we show that the stress-responsive p38-MK2 signaling pathway controls the phosphorylation of SRC-3 at S857 in a wide range of human cancer cells. Activation of the p38-MK2 pathway results in the nuclear translocation of SRC-3, where it contributes to the transactivation of NF-kB and thus regulation of IL-6 transcription. The identification of the p38-MK2 signaling axis as a key regulator of SRC-3 phosphorylation and activity opens up new possibilities for the development and testing of novel therapeutic strategies to control both proliferative and metastatic tumor growth.