会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

免疫抑制に反応するEBV陽性単核球症後の片側性多巣性脈絡膜炎:1例の報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Ophthalmol.2020 Jul;20(1):273. 10.1186/s12886-020-01525-7. doi: 10.1186/s12886-020-01525-7.Epub 2020-07-09.

免疫抑制に反応するEBV陽性単核球症後の片側性多巣性脈絡膜炎:1例の報告

Unilateral multifocal choroiditis following EBV-positive mononucleosis responsive to immunosuppression: a case report.

  • P P Borkar
  • M A Grassi
PMID: 32646392 PMCID: PMC7350663. DOI: 10.1186/s12886-020-01525-7.

抄録

背景:

多巣性脈絡膜炎(MFC)は、近視を有する白人の若い女性にみられる比較的まれな両側性炎症性脈絡網膜症である。我々は、EBV陽性単核球症後に発症した完全片側性多巣性脈絡膜炎の1例の画像を紹介する。

BACKGROUND: Multifocal choroiditis (MFC) is a relatively uncommon bilateral inflammatory chorioretinopathy affecting Caucasian young women with myopia. We present images from a case of completely unilateral multifocal choroiditis following EBV-positive mononucleosis that demonstrated a dramatic clinical response to immunosuppression.

事例紹介:

両側性高近視(-6D)で、以前の網膜検査では正常であった20歳女性が、エプスタインバーウイルス(EBV)陽性単核症確認後2ヵ月後に右眼の視力低下を呈した。眼鏡検査では年齢の異なる完全に片側性のプラコイド病変が認められた。左眼には影響はなかった.フルオレセイン血管造影では,特に眼底部に活発な漏出が認められた.スペクトル領域光干渉断層撮影(SD-OCT)では,網膜下色素上皮の結節性沈着が認められたが,その一部は網膜内液と混ざり合っており,境界は不明瞭であった.免疫抑制剤アザチオプリンを投与したところ、右眼の病変は消失し、視力も改善した。

CASE PRESENTATION: A 20-year-old woman with bilateral high myopia (-6D) and a documented normal prior retinal examination presented with visual loss in the right eye 2 months following confirmed Epstein-Barr virus (EBV) positive mononucleosis. Ophthalmoscopic examination showed completely unilateral placoid lesions of variable age. The left eye was unaffected. Fluorescein angiography revealed active leakage, especially in the parafovea. Spectral domain optical coherence tomography (SD-OCT) demonstrated sub-retinal pigment epithelial nodular deposits, some of which were confluent with overlying intra-retinal fluid and indistinct margins. Upon treatment with the immunosuppressant azathioprine there was significant resolution of the lesions in her right eye along with improvement in vision.

結論:

これは、免疫抑制に対する劇的な反応を示したEBV陽性単核症後の完全片側性多巣性脈絡膜炎の稀な症例である。

CONCLUSION: This is a rare case of completely unilateral MFC following an episode of EBV positive mononucleosis that showed a dramatic response to immunosuppression.