国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

原発性副甲状腺機能亢進症の外科的管理における単一施設の経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Exp Otorhinolaryngol.2020 Jul;ceo.2019.01361. doi: 10.21053/ceo.2019.01361.Epub 2020-07-11.

原発性副甲状腺機能亢進症の外科的管理における単一施設の経験

Single Center Experience in the Surgical Management of Primary Hyperparathyroidism.

  • Berat Demir
  • Adem Binnetoglu
  • Akın Sahin
  • Dilek Gogas Yavuz
PMID: 32646207 DOI: 10.21053/ceo.2019.01361.

抄録

目的。:

原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)の早期診断のために、ルーチンの検査室スクリーニングの一部としてカルシウムが含まれるようになってきた。副甲状腺腺腫または過形成の外科的切除は、依然としてほとんどのPHPT患者の治療の主力となっている。本研究の目的は、過去6年間に当大学病院耳鼻咽喉科に紹介されたPHPT患者の手術成績を評価することであった。

Objectives.: As calcium included as a part of routine laboratory screening early diagnosis of primary hyperparathyroidism (PHPT) has been increased. Surgical resection of parathyroid adenoma or hyperplasia still is the mainstay of the treatment for most PHPT patients. The aim of this study was to evaluate of the surgical outcomes of patients with PHPT that referred to our ENT department of our University Hospital for the last 6 years.

方法。:

2011年10月から2018年1月までの間に当院で副甲状腺手術を受けたPHPT患者137例を本レトロスペクティブ研究に含めた。人口統計学、臨床所見、過去の病歴、3ヶ月間の術前臨床検査値、超音波検査(USG)および99mTc-sestamibi(メトキシイソブチルイソニトリル、[MIBI])スキャンを含む術前の局在化画像検査、手術所見、術後の臨床検査値、病理学的報告に関するデータを記録した。当センターではMIBIスキャンとUSGが第一選択のモダリティとして使用されている。再検査や異所性副甲状腺病理などの困難な状況では、単光子放出型コンピュータ断層撮影を行っています。最後のイメージングモダリティとして4次元コンピュータ断層撮影が好まれた。焦点型片側頸部探査(FUNE)は術中凍結切片解析をルーチンとして実施した。両側頸部探査(BNE)は、再探査、異所性副甲状腺、多腺病変の疑いが高い場合にのみ使用した。

Methods.: One hundred thirty-seven patients with PHPT who underwent parathyroid surgery in our clinic between October 2011 and January 2018 included in this retrospective study. Data on demographics, clinical findings, past medical history, preoperative laboratory values in 3 months, preoperative localizing imaging studies including ultrasonography (USG) and 99mTc-sestamibi (methoxyisobutyl isonitrile, [MIBI]) scan, operative findings, postoperative laboratory values, and pathology reports were recorded. MIBI scan and USG are used as the first-line modalities in our center. Single-photon emission computed tomography was used for challenging situations of re-exploration and ectopic parathyroid pathology. Four-dimensional computed tomography scanning is was preferred as the last imaging modality. Focused unilateral neck exploration (FUNE) was performed with intraoperative frozen section analysis as a routine procedure. Bilateral neck exploration (BNE) was used only in re-exploration, ectopic parathyroid, and with high suspicion of multigland disease.

結果。:

全137人の患者(女性:男性、3:3、平均年齢54.6±13.2歳)がこの研究に含まれていた。単発性副甲状腺腺腫は108例(78.8%)に認められた。腺腫の最も一般的な局在は左下副甲状腺(46.7%)であった。FUNEは89.8%、BNEは10.2%に施行された。術後の正常血糖値は132例であったが、2例に持続性低血糖が認められた。持続性高カルシウム血症は3例に認められた。術後病理検査の結果、3名に副甲状腺癌が認められた。

Results.: Totally 137 patients (female:male, 3:3; mean age, 54.6±13.2 years) included in the study. Single parathyroid adenoma was found in 108 patients (78.8%). Most common adenoma localization was left inferior parathyroid gland (46.7%). FUNE was performed in 89.8% of the patients and BNE for 10.2% of the patients. Postoperative normocalcemia was reached in 132 patients and permanent hypocalcemia was observed in two patients. Persistence hypercalcemia observed in three patients. Postoperative pathology reports revealed three patients have parathyroid carcinoma.

結論。:

副甲状腺摘出術では術前の画像診断が非常に重要です。当院では術前画像診断を定期的に行うことで合併症のリスクを軽減した。

Conclusion.: Preoperative imaging modalities is very important in parathyroidectomy surgery. Routine use of preoperative imaging modalities reduced the risk of complications in our clinic.