国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

スウェーデンの人口における口腔内細菌に対する免疫応答の43年間の時間的傾向 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pathogens.2020 Jul;9(7). E544. doi: 10.3390/pathogens9070544.Epub 2020-07-07.

スウェーデンの人口における口腔内細菌に対する免疫応答の43年間の時間的傾向

43-Year Temporal Trends in Immune Response to Oral Bacteria in a Swedish Population.

  • Anders Esberg
  • Anders Johansson
  • Rolf Claesson
  • Ingegerd Johansson
PMID: 32645865 DOI: 10.3390/pathogens9070544.

抄録

口腔内に結社している細菌は、全身的および局所的に種特異的または株特異的な免疫グロブリンの存在により、適応的な免疫応答を誘導する。口腔内細菌のグローバルな抗体パターンや潜在的な集団の時間的傾向については、これまでほとんど研究が行われていない。我々は、口腔内細菌のパネルに関連して、これらの側面を評価した。マルチプレックス免疫ブロット法を用いて、1976年から2018年の間に採取された30歳の妊娠初期の女性(=516)および50歳の男女(=372)の血漿888検体中の26種の口腔内細菌(54株)のIgGレベルを測定した。種間相関が見出され、口腔内細菌に対する免疫応答の年齢依存性プロファイルとレベルが確認された。グローバル抗体応答と単一種抗体応答に時間的な傾向が見られたが、これは年齢に特異的であり、傾斜シフトと減少シフトの両方が見られた。また、若年層では、IgGが健康関連、高齢層では疾患関連、その他の疾患関連に向けて増加していました。我々は、1976年から2018年にかけて時間的なシフトが発生しており、これは口腔内の健康状態の改善(より多くの歯が残っている)や生活習慣の変化を反映している可能性があると結論付けたが、これはより多くの側面を考慮した観察研究で評価する必要がある。

Bacteria colonizing the mouth induce an adaptive immune response with the systemic and local presence of species or strain-specific immunoglobulins. Few studies have addressed global antibody patterns for oral bacteria or potential population time trends. We assessed these aspects in relation to a panel of oral bacteria. Using multiplex immunoblotting, IgG levels for 26 oral bacterial species (54 strains) were determined in 888 plasma samples from 30-year-old early pregnant women ( = 516) and 50-year-old men and women ( = 372) collected between 1976 and 2018. Inter-species correlations were found and age-dependent profiles and levels of immune responses to oral bacteria confirmed. We found temporal trends in the global and single-species antibody responses, but this was age-specific with both inclining and declining shifts. Prominent shifts in the younger group increased IgG towards health-associated and , and in the older group towards disease-associated and , among others. We concluded that temporal shifts occurred from 1976 to 2018, which may reflect improved oral health (more remaining teeth) and altered lifestyle habits, but this needs to be evaluated in observational studies considering more aspects.