会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

小児の挿管におけるビデオ喉頭鏡検査と直接喉頭鏡検査の有効性と安全性。27のランダム化比較試験のメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Anesth.2020 Jul;66:109968. S0952-8180(20)30592-4. doi: 10.1016/j.jclinane.2020.109968.Epub 2020-07-06.

小児の挿管におけるビデオ喉頭鏡検査と直接喉頭鏡検査の有効性と安全性。27のランダム化比較試験のメタアナリシス

Efficacy and safety of videolaryngoscopy versus direct laryngoscopy in paediatric intubation: A meta-analysis of 27 randomized controlled trials.

  • Xiaoxue Hu
  • Yi Jin
  • Jiansong Li
  • Jiechen Xin
  • Zeyong Yang
PMID: 32645564 DOI: 10.1016/j.jclinane.2020.109968.

抄録

目的:

小児気道と成人気道の解剖学的・生理学的な違いは、小児患者の挿管を困難にしている。本研究では、小児患者の挿管成績に対するビデオ喉頭鏡検査(VL)と直接喉頭鏡検査(DL)の有効性と安全性を比較することを目的とした。

OBJECTIVE: Anatomical and physiological differences in paediatric and adult airways make intubation of paediatric patients a challenge. This study aimed to compare the efficacy and safety of video laryngoscopy (VL) to direct laryngoscopy (DL) on intubation outcomes in paediatric patients.

デザイン:

システマティックレビューとメタアナリシス。

DESIGN: Systematic review and meta-analysis.

設定:

手術室。

SETTING: Operating room.

患者:

気管挿管を必要とした小児患者。

PATIENTS: Paediatric patients who needed tracheal intubation.

インターベンション:

ビデオ喉頭鏡検査または直接喉頭鏡検査。

INTERVENTION: Video laryngoscopy or direct laryngoscopy.

測定項目:

PubMed、Embase、Cochrane Libraryで電子検索を行い、2020年1月までに発表された関連する無作為化比較試験を同定した。アウトカムには、挿管までの時間、初回試行時の挿管失敗、Cormack-Lehane喉頭ビューグレード、挿管困難度スケール(IDS)、開腹率スコア(POGO)、最適外喉頭マニピュレーション(OLEM)、合併症が含まれていた。ランダムエフェクトモデルを用いたサマリー結果の算出には、相対リスクと加重平均差(WMD)(95%CI付き)を用いた。

MEASUREMENTS: Electronic searches in PubMed, Embase, and the Cochrane Library were performed to identify relevant randomized controlled trials published through January 2020. Outcomes included time to intubate, intubation failure at first attempt, Cormack-Lehane laryngeal view grade, intubation difficulty scale (IDS), percentage of glottic opening score (POGO), optimal external laryngeal manipulation (OLEM), and complications. Relative risks and weighted mean difference (WMD), with 95% CI, were employed to calculate summary results using a random-effects model.

主な結果:

全体では、小児患者 2461 例を含む 27 の試験が解析された。喉頭鏡ビデオ挿管を受けた小児では、直接喉頭鏡挿管よりも挿管までの時間が長くなった(WMD 3.41、95%CI:1.29-5.53、P=0.002)のに対し、喉頭鏡ビデオ挿管と直接喉頭鏡挿管を受けた乳児では、挿管までの時間は同程度であった(WMD 1.72、95%CI:-1.09-4.54、P=0.230)。ビデオ喉頭鏡下挿管と直接喉頭鏡下挿管の間では,小児および乳児の初回挿管時の挿管失敗について,それぞれ有意差は認められなかった.ビデオ喉頭鏡検査はPOGOと挿管外傷を改善したが,Cormack-Lehane喉頭視野等級,IDS,外喉頭操作,嗄声,酸素脱飽和度は改善しなかった.

MAIN RESULTS: Overall, 27 trials including 2461 paediatric patients were analysed. Children with video laryngoscopy intubation required longer time to intubate than direct laryngoscopy intubation (WMD 3.41, 95% CI: 1.29-5.53, P = 0.002), whereas infants receiving video laryngoscopy and direct laryngoscopy intubation experienced similar time to intubate (WMD 1.72, 95% CI: -1.09-4.54, P = 0.230). No significant differences were observed on intubation failure at first attempt between video laryngoscopy and direct laryngoscopy intubations in children and infants, respectively. Video laryngoscopy improved the POGO and intubation trauma but not Cormack-Lehane laryngeal view grade, IDS, external laryngeal manipulation, hoarseness, or oxygen desaturation.

結論:

喉頭鏡を用いた直接挿管と比較して、ビデオ喉頭鏡を用いた小児患者では、挿管までの時間や初診時の失敗に関しては利点はなかったが、POGOや挿管外傷に関しては利点があった。

CONCLUSIONS: Compared with direct laryngoscopy intubation, there were no benefits for paediatric patients with video laryngoscopy on time to intubate and failure at first attempt, but there were benefits with regard to POGO and intubation trauma.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.