国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

矯正治療後の顔貌の客観的測定値と主観的評価との相関関係を検討した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Int. Med. Res..2020 Jul;48(7):300060520936854. doi: 10.1177/0300060520936854.

矯正治療後の顔貌の客観的測定値と主観的評価との相関関係を検討した

Correlations between objective measurements and subjective evaluations of facial profile after orthodontic treatment.

  • Danqing He
  • Yan Gu
  • Yannan Sun
PMID: 32644827 DOI: 10.1177/0300060520936854.

抄録

目的:

治療後の顔の魅力度の客観的測定値と主観的評価との間の相関関係を調査すること。

OBJECTIVE: To investigate the correlations between objective measurements and subjective evaluations of post-treatment facial attractiveness.

方法:

10名の矯正歯科医が、矯正治療を受けた95名の患者の顔貌の主観的視覚アナログスケール(VAS)スコアを評価した。治療後のセファログラムと写真を使用した。11の軟部組織測定値と8の上顎切歯測定値を構築し、分析した。客観的測定値と主観的VASスコアの間の相関は、ピアソン相関と二次回帰分析を用いて評価した。

METHODS: Ten orthodontists rated the subjective visual analog scale (VAS) scores of the facial profiles of 95 patients who had undergone orthodontic treatment. Post-treatment cephalograms and photographs were used. Eleven soft tissue measurements and eight maxillary incisor measurements were constructed and analyzed. Correlations between objective measurements and subjective VAS scores were evaluated using Pearson correlation and quadratic regression analysis.

結果:

異なる顔のプロポーションのVASスコアは、すべて総VASスコアと相関していた。軟組織測定のうち、上唇と下唇からEラインまでの距離、H角度、額の傾き、下唇からHラインまでの距離、およびポゴニオン・メントン角度は、VASスコアと負の相関があった。放物線的な分布を持つZ角もVASスコアと相関していた。上顎切歯の測定値のうち,上顎切歯から額の前限界線までの距離と上顎切歯のAPo線に対する角度はVASスコアと負の相関があった.

RESULTS: The VAS scores of different facial proportions were all correlated with the total VAS score. Among soft tissue measurements, the distances from the upper and lower lips to the E line, H angle, forehead inclination, distance from lower lip to the H line, and pogonion-menton angle were negatively correlated with the VAS scores. The Z angle, with a parabolic distribution, was also correlated with the VAS scores. Among maxillary incisor measurements, the distance from the maxillary incisors to the forehead's anterior limit line and the angulation of the maxillary incisors to the APo line were negatively correlated with the VAS scores.

結論:

いくつかの軟部組織および上顎切歯の位置の測定値は、顔貌評価と相関していたため、顔の魅力を評価するために使用される可能性がある。

CONCLUSIONS: Several soft tissue and maxillary incisor position measurements were correlated with facial profile evaluation and therefore might be used to evaluate facial attractiveness.