国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

COVID-19 パンデミックのインドにおける脳神経外科診療への影響。匿名化された全国調査の結果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Neurol India.2020 May-Jun;68(3):595-602. ni_2020_68_3_595_289004. doi: 10.4103/0028-3886.289004.

COVID-19 パンデミックのインドにおける脳神経外科診療への影響。匿名化された全国調査の結果

Impact of the COVID-19 Pandemic on Neurosurgical Practice in India: Results of an Anonymized National Survey.

  • Tejas Venkataram
  • Nishant Goyal
  • Chinmaya Dash
  • Prarthana P Chandra
  • Jitender Chaturvedi
  • Amol Raheja
  • Raghav Singla
  • Jayesh Sardhara
  • Bhoopendra Singh
  • Ravi Gupta
PMID: 32643671 DOI: 10.4103/0028-3886.289004.

抄録

背景:

COVID-19のパンデミックは、急速に変化するシナリオに取り組むために、世界中の医療専門家に前例のない課題をもたらした。本調査の目的は、COVID-19流行後のインドにおける脳神経外科診療の変化を分析し、実践する脳神経外科医への影響を評価することであった。

Background: The COVID-19 pandemic has created an unprecedented challenge for medical professionals throughout the world to tackle the rapidly changing scenario. The objective of this survey was to analyze the change in neurosurgical practice in India following the COVID-19 outbreak and assess its impact on practising neurosurgeons.

資料と方法:

2020年5月7日から23日までの間に、ソーシャルメディアや電子メールで、全国の脳神経外科医を対象に、受診患者のパターンの変化、診療への適応、実施する手術への影響、経済的負担、個人生活への影響に関する有効な質問票が回覧された。回答は匿名にし、観察された変化と、病院の所属、教職、および脳神経外科の経験などの独立した要因との間の相関関係について分析した。

Materials and Methods: Between May 7 and 23, 2020, a validated questionnaire was circulated amongst practising neurosurgeons across the country by social media and e-mails, regarding changes in the patterns of patients seen, adaptations made in their practice, effect on surgeries performed, financial burden, and impact on their personal lives. The responses were kept anonymous and were analyzed for correlations between the changes observed and independent factors such as hospital affiliations, teaching professions, and neurosurgical experience.

結果:

今回の調査では、脳神経外科外来(OPD)での受診患者数と手術件数が大幅に減少した。外来診療科では76.25%(P=0.000)、手術件数では70.59%(P=0.000)の減少が見られた。脳神経外科医の間では、選択/緊急手術の前に行われているCOVID-19検査の数や、患者を診察する際の防護具の使用に一様性は見られなかった。民間の開業医は、政府部門の開業医に比べて経済的な影響を受けていた。パンデミックは全回答者の53.23%の研究業務に影響を与えており、教職者(70.96%)は非教職者(24.67%)よりも影響を受けています。

Results: Our survey showed a drastic fall in the number of neurosurgical patients seen in the outpatient department (OPD) as well as the number of surgeries performed. A drop of 76.25% was seen in OPD patients (P = 0.000) and that of 70.59% in surgeries performed (P = 0.000). There was no uniformity among the neurosurgeons in the number of COVID-19 tests being done before elective/emergency surgery and in the use of protective gear while examining patients. Private practitioners were more affected financially as compared to those in the government sector. The pandemic has affected the research work of 53.23% of all respondents, with those in the teaching profession (70.96%) more affected than those in the non-teaching profession (24.67%).

結論:

医療従事者をCOVID-19から守るためには、エビデンスに基づいた方針、より感度の高いCOVID-19検査のスクリーニング、そして十分な数のより質の高い個人用保護具キットが必要である。脳神経外科医のメンタルヘルスの問題も問題になるかもしれませんが、これはリスクの高い専門分野であり、注意深く見守っていく必要があります。

Conclusions: Evidence-based policies, screening COVID-19 tests with better sensitivity, and better-quality personal protective equipment kits in adequate numbers are required to protect our medical professionals from COVID-19. Mental health issues among neurosurgeons may also be an issue, this being a high risk speciality and should be closely watched for.