会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

膀胱尿管逆流症のバイオマーカー:概要 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biomark Med.2020 Jul;doi: 10.2217/bmm-2019-0378.Epub 2020-07-09.

膀胱尿管逆流症のバイオマーカー:概要

Biomarkers in vesicoureteral reflux: an overview.

  • Flávia C Valério
  • Renata D Lemos
  • Ana L de C Reis
  • Letícia P Pimenta
  • Érica Lm Vieira
  • Ana Cs E Silva
PMID: 32643393 DOI: 10.2217/bmm-2019-0378.

抄録

膀胱尿管逆流(VUR)および逆流性腎症(RN)のバイオマーカーとしてのサイトカイン、ケモカイン、成長因子、細胞接着分子の役割をレビューすることを目的とした。 1979年以降の論文をPubMedとScopusで検索した。VUR」または「RN」とバイオマーカーを組み合わせて検索し、1979年以降の論文をレビューした。 腎瘢痕化の原因となる遺伝的、炎症性、線維性、環境的、エピジェネティックな要因をよりよく理解する必要があります。TGF-β、IL-10、IL-6、IL-8、TNFは、現在の文献によると、特にRNではVURに役割を果たしているようです。プロカルシトニンの血清レベルも高悪性度のVURおよびRNと関連しています。これらの分子は、VURにおける腎瘢痕形成のバイオマーカーとして、より集中的に評価されるべきである。 どの分子が臨床的な判断やVURおよびRNの治療標的として本当に有用であるかを定義するためには、さらなる研究が必要である。

This article aimed to review the role of cytokines, chemokines, growth factors and cellular adhesion molecules as biomarkers for vesicoureteral reflux (VUR) and reflux nephropathy (RN). We reviewed articles from 1979 onward by searching PubMed and Scopus utilizing the combination of words: 'VUR' or 'RN' and each one of the biomarkers. Genetic, inflammatory, fibrogenic, environmental and epigenetic factors responsible for renal scarring need to be better understood. TGF-β, IL-10, IL-6, IL-8 and TNF seem to exert a role in VUR particularly in RN based on the current literature. Serum levels of procalcitonin have been also associated with high-grade VUR and RN. These molecules should be more intensively evaluated as potential biomarkers for renal scarring in VUR. Further studies are necessary to define which molecules will really be of utility in clinical decisions and as therapeutic targets for VUR and RN.