会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

表在性食道炎。良性病理学の悪性外観 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cureus.2020 Jun;12(6):e8475. doi: 10.7759/cureus.8475.Epub 2020-06-06.

表在性食道炎。良性病理学の悪性外観

Esophagitis Dissecans Superficialis: Malign Appearance of a Benign Pathology.

  • Venkata R Rokkam
  • Avin Aggarwal
  • Sasha Taleban
PMID: 32642379 PMCID: PMC7336615. DOI: 10.7759/cureus.8475.

抄録

食道炎dissecans superficialis (EDS)は、スローイング食道炎としても知られており、非常にまれな状態であり、食道全体に影響を及ぼし、粘膜が完全にスローイングすることがあります。EDSは様々な薬剤や皮膚病との関連があります。我々の症例では、確定的な病因は不明であるが、クローン病患者のメトトレキサート治療による二次的なEDSが疑われた。医師がEDSの内視鏡的外観を認識して適切な臨床管理を行い、他の食道疾患との鑑別を行うことは非常に重要である。

Esophagitis dissecans superficialis (EDS), also known as sloughing esophagitis, is a very rare condition and may affect the whole esophagus, resulting in complete sloughing of the mucous membrane. EDS has been associated with various medications and dermatological conditions. In our case, EDS was suspected secondary to methotrexate treatment in a patient with Crohn's disease, although the definitive etiology remains unknown. It is very important for physicians to recognize the endoscopic appearance of EDS to provide appropriate clinical management and differentiate it from other esophageal disorders.

Copyright © 2020, Rokkam et al.