会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

中国南西部成都における地域密着型リハビリテーションサービス:横断的一般調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Health Serv Res.2020 Jul;20(1):625. 10.1186/s12913-020-05480-3. doi: 10.1186/s12913-020-05480-3.Epub 2020-07-08.

中国南西部成都における地域密着型リハビリテーションサービス:横断的一般調査

Community-based rehabilitation service in Chengdu, Southwest China: a cross-sectional general survey.

  • Siliang Chen
  • Yi Lei
  • Hua Dai
  • Jia Wu
  • Ziyu Yang
  • Xiaoyang Liao
PMID: 32641049 PMCID: PMC7346348. DOI: 10.1186/s12913-020-05480-3.

抄録

背景:

世界保健機関(WHO)は1978年に地域密着型リハビリテーション(CBR)を開始し、現在では世界中の医療サービスに欠かせないものとなっている。中国では、都市部に35,000以上の地域保健センター(CHC)を、農村部に34,000以上の鎮守府保健センター(THC)を建設し、プライマリーヘルスケアを強化してきた。しかし、これらの保健所が障害者のためのリハビリテーションサービスをオプションで提供できるかどうかは不明である。本研究では、中国南西部の地方中心都市である成都の一次保健所におけるリハビリテーションサービスの供給能力を評価することを目的としている。

BACKGROUND: World Health Organization initiated community-based rehabilitation (CBR) in 1978, and by now, it has been an essential process of medical services worldwide. China had strengthened primary health care on building more than 35,000 community health centers (CHCs) in cities, and more than 34,000 township health centers (THCs) in the rural area. Nevertheless, it remains unclear that if these primary health centers could provide optional rehabilitation services for disabilities. And this study aims at evaluating the supply capacity of rehabilitation service in primary health centers of Chengdu, a regional center city of southwest China.

方法:

中国南西部に位置する人口1,500万人以上の都市、成都の一次保健所を対象に一般調査を実施した。調査対象は、2016年10月から11月までの間に成都にある390のプライマリーヘルスセンターの全てを対象とした。これらの一次保健所について、基本的なリハビリテーションサービス、疾病、リハビリテーション機器の量と質、中国伝統医学(TCM)理学療法について調査を行った。

METHOD: We conducted a general investigation of primary health centers in Chengdu, a city located in southwest China with more than 15 million population. Our investigation covered all of Chengdu's 390 primary health centers from October to November 2016. We researched these primary health centers on basic rehabilitation services, diseases, and rehabilitation equipment quantity and quality, and traditional Chinese medicine (TCM) physiotherapy.

研究結果:

リハビリテーション治療は、全プライマリ・ヘルスセンターの88.9%(379施設中337施設)で実施されている。一方、CHCはTHCをわずかに上回り、それぞれ92.2%(115施設中106施設)、87.5%(264施設中231施設)となっている。中国伝統医学(TCM)理学療法は、すべてのプライマリーヘルスセンターの97.1%(379施設中368施設)、CHCの97.3%(115施設中112施設)、THCの97.0%(264施設中256施設)で利用可能である。定量分析の結果、年間の患者数に影響を与えうる実質的な要因として、リハビリテーション疾患のカテゴリー(P<0.001、95%信頼区間(CI)[-1.571、-0.702])、リハビリテーションベッド数(P<0.001、95%CI[-1.249、-0.290])が含まれていることが示された。

RESULT: Rehabilitation therapy is available in 88.9% (337 of 379) of all primary health centers. Meanwhile, CHCs slightly surpass THCs with an available rate of 92.2% (106 of 115) and 87.5% (231 of 264), respectively. Traditional Chinese Medicine (TCM) physiotherapy is available in 97.1% (368 of 379) of all primary health centers, 97.3% (112 of 115) of CHCs and 97.0% (256 of 264) of THCs. Quantitative analysis showed that substantial factors which could make an impact on the number of patients per year contain: categories of rehabilitation disease (P < 0.001, 95% confidence interval (CI) [- 1.571, - 0.702]),number of rehabilitation bed (P < 0.001, 95%CI [- 1.249, - 0.290]).

結論:

成都市のほとんどの基礎保健センターでは、CBRとTCM理学療法が障害者のために利用できるようになったが、THCでのCBRの利用率はCHCよりも低く、農村部と都市部の間でプライマリーヘルスサービスの発展が不均衡であることを示唆している。リハビリテーション疾患の分類とリハビリテーション病床数は、基礎保健センターのCBR能力に影響を与える共同因子を構成している。

CONCLUSION: CBR and TCM physiotherapy has become accessible for disabilities in most basic health centers of Chengdu City, whereas, available rate of CBR in THCs is lesser than in CHCs, which suggests an imbalance in primary health service development between rural and urban area. Categories of rehabilitation diseases, and the number of rehabilitation beds constitute co-factors that make an impact on the CBR capacity of basic health centers.