会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

頸部クラウンの輪郭がプラットフォームスイッチ骨レベルインプラント周辺の限界骨損失に及ぼす影響。5年間の横断的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Prosthodont.2020 Jul/Aug;33(4):373-379. doi: 10.11607/ijp.6365.

頸部クラウンの輪郭がプラットフォームスイッチ骨レベルインプラント周辺の限界骨損失に及ぼす影響。5年間の横断的研究

Influence of Cervical Crown Contour on Marginal Bone Loss Around Platform-Switched Bone-Level Implants: A 5-Year Cross-Sectional Study.

  • Diederik Fm Hentenaar
  • Yvonne Cm De Waal
  • Arie Jan Van Winkelhoff
  • Gerry M Raghoebar
  • Henny Ja Meijer
PMID: 32639696 DOI: 10.11607/ijp.6365.

抄録

目的:

頸部クラウンの輪郭が、プラットフォームスイッチ式、後方に配置された2ピースインプラント周辺の骨端損失と軟部組織の健全性に与える影響を評価することを目的としています。

PURPOSE: To evaluate the influence of the cervical crown contour on marginal bone loss and soft tissue health around platform-switched, posteriorly placed, two-piece implants.

材料と方法:

過去に実施された2つの研究のデータセットを使用しました。2本の天然歯の間または1本の天然歯に隣接して、1本の2ピース、プラットフォ ームスイッチインプラントを埋入した患者を対象とした。最終的なクラウン埋入後1ヶ月と5年後の臨床パラメータと標準化された周縁X線写真を評価した。頸部歯冠輪郭の幾何学的値を解析するための新しい測定法を開発した。検査者間および検査者内の信頼性を評価した。インプラント肩上1、2、3mmの位置でエマージェンス角を測定した。変数間の線形相関は、ピアソン相関係数を計算して決定した。

MATERIALS AND METHODS: A dataset from two previously conducted studies was used. Patients with single two-piece, platform-switched implants in between two natural teeth or adjacent to one natural tooth were included. Clinical parameters and standardized periapical radiographs from 1 month and 5 years after final crown placement were assessed. A new measurement method was developed to analyze geometric values of the cervical crown contour. Inter- and intraexaminer reliability were assessed. Emergence angles were measured at 1, 2, and 3 mm above the implant shoulder. Linear correlations between variables were determined by calculating Pearson correlation coefficients.

結果:

67本の後方インプラントを装着した64名の患者が包 含基準を満たした。インプラント肩上1mm、2mm、3mmの位置で、インプラント中 間部の平均エマージェンス角は、それぞれ0.5±2.8度、12.8±12.8度、18.0±11.3度であった。遠位部位では、それぞれ2.8±8.3度、16.2±16.6度、および18.7±13.8度であった。1ヶ月から5年評価までの平均周縁骨損失は、インプラントの中間面で0.14±0.34mm、遠位面で0.26±0.47mmであった。インプラント周囲の骨欠損や軟部組織の健全性との相関は見られませんでした。インプラント周囲炎の兆候を示したインプラントはありませんでした。

RESULTS: A total of 64 patients with 67 posterior implants met the inclusion criteria. At 1, 2, and 3 mm above the implant shoulder, mean emergence angles at the mesial implant sites were 0.5 ± 2.8, 12.8 ± 12.8, and 18.0 ± 11.3 degrees, respectively. At the distal sites, the corresponding values were 2.8 ± 8.3, 16.2 ±16.6, and 18.7 ± 13.8 degrees, respectively. Mean marginal bone loss between 1 month and the 5-year evaluations was 0.14 ± 0.34 mm at the mesial aspect and 0.26 ± 0.47 at the distal aspect of implants. No correlation with peri-implant bone loss or soft tissue health could be found. No implants showed signs of peri-implantitis.

結論:

プラットフォームスイッチ付き、後方に配置された2ピースインプラントにおける頸部クラウンの輪郭は、インプラント埋入後5年までは、インプラント周囲の骨欠損や軟部組織の健康状態との相関性は認められませんでした。

CONCLUSION: The cervical crown contour at platform-switched, posteriorly placed, two-piece implants showed no correlation with peri-implant marginal bone loss or soft tissue health up to 5 years after implant placement.