会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

成人重症再生不良性貧血患者における無血幹細胞移植とハプイチデンタル幹細胞移植の比較検討 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Transplantation.2020 Jun;doi: 10.1097/TP.0000000000003342.Epub 2020-06-29.

成人重症再生不良性貧血患者における無血幹細胞移植とハプイチデンタル幹細胞移植の比較検討

Comparable Outcomes Between Unrelated and Haploidentical Stem Cell Transplantation in Adult Patients With Severe Aplastic Anemia.

  • Sung-Soo Park
  • Gi June Min
  • Silvia Park
  • Sung-Eun Lee
  • Jae-Ho Yoon
  • Seung Hwan Shin
  • Byung-Sik Cho
  • Ki-Seong Eom
  • Yoo-Jin Kim
  • Seok Lee
  • Chang-Ki Min
  • Hee-Je Kim
  • Seok-Goo Cho
  • Jong Wook Lee
PMID: 32639401 DOI: 10.1097/TP.0000000000003342.

抄録

背景:

免疫抑制療法に失敗し、HLAマッチドナー(MSD)を欠く重症再生不良性貧血(SAA)患者については、同種幹細胞移植(SCT)に最適な代替ドナーは確立されていない。

BACKGROUNDS: Regarding patients with severe aplastic anemia (SAA) who fail immunosuppressive therapy and lack an HLA-matched sibling donor (MSD), the best alternative donor including unrelated (URD) and haploidentical (HAPLO) donors for allogeneic stem cell transplantation (SCT) remains to be established.

方法:

我々は、代替ドナーからのSCT治療を受けた153例の連続した成人SAA患者の包括的な転帰を分析した。HLAウェルマッチ(8/8)URD(WM-URD)73例、ミスマッチ(6-7/8)URD(MM-URD)34例、HAPLO46例である。

METHODS: We analyzed the comprehensive outcomes of 153 consecutive adult SAA patients treated with SCT from alternative donors: 73 HLA-well matched (8/8) URDs (WM-URDs), 34 mismatched (6-7/8) URDs (MM-URDs), and 46 HAPLOs.

結果:

好中球/血小板の移植は、WM-URDでは中央値で11/15日、MM-URDでは13/16.5日、HAPLOでは12/14日で達成された。3年全生存期間(OS)、無障害生存期間、移植片不全の累積発生率、移植関連死亡率は、3群間で統計学的には差がなく、WM-URDは90.3%、87.5%、2.7%、9.8%、MM-URDは85.3%、81.7%、0%、14.7%、HAPLOは84.4%、82.3%、6.5%、11.2%であった。移植片対宿主病、サイトメガロウイルスDNA血症、出血性膀胱炎、侵襲性真菌症、二次悪性腫瘍、副鼻腔閉塞症候群を含むその他の合併症の発生率にも統計学的な差はなかった。MM-URD群のサブグループ解析では、6/8-URDでSCTを投与された患者の3年OSは、7/8-URDでSCTを投与された患者よりも悪かった(75.0%対94.4%、p=0.26)。

RESULTS: Neutrophil/platelet engraftments were achieved at a median of 11/15 days for WM-URDs, 13/16.5 days for MM-URDs, and 12/14 days for HAPLOs, respectively. The 3-year overall survival (OS), failure-free survival, cumulative incidence of graft-failure, and transplant-related mortality were statistically not different among the 3 groups: 90.3%, 87.5%, 2.7%, and 9.8% for WM-URDs; 85.3%, 81.7%, 0%, and 14.7% for MM-URDs, and 84.4%, 82.3%, 6.5%, and 11.2% for HAPLOs, respectively. The rates of other complications, including graft-versus-host disease, cytomegalovirus DNAemia, hemorrhagic cystitis, invasive fungal disease, secondary malignancies, and sinusoidal obstruction syndrome, were also statistically not different. Subgroup analysis of the MM-URD group showed that the 3-year OS of patients receiving SCTs from 6/8-URDs were worse than those receiving SCTs from 7/8-URDs (75.0% vs. 94.4%, p=0.26).

結論:

WM-URD、MM-URD、HAPLOドナーとのSCT転帰に有意差はなかった。臨床医は、ホスト/ドナーの特徴とSCTの必要性の緊急性に基づいて、これらの代替ドナーの中から最善の選択をすることができる。しかし、6/8-URDの選択は、生存成績が劣るため避けるべきである。

CONCLUSION: There was no significant difference in the SCT outcomes with WM-URDs, MM-URDs, or HAPLO donors. The clinician can make the best choice among these alternative donor sources based on the host/donor features and the urgency of the need for SCT. However, the selection of 6/8-URDs should be avoided due to inferior survival outcomes.