会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

白金表面上のAr/Kr混合物の蒸発:分子動力学法による研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Phys Chem Chem Phys.2020 Jul;doi: 10.1039/d0cp02808h.Epub 2020-07-08.

白金表面上のAr/Kr混合物の蒸発:分子動力学法による研究

Evaporation of Ar/Kr mixtures on platinum surface: a molecular dynamics study.

  • Shouyin Cai
  • Qibin Li
  • Chao Liu
  • Lu Zhang
PMID: 32638765 DOI: 10.1039/d0cp02808h.

抄録

蒸発は典型的な熱・物質移動プロセスであり、自然界でも産業界でも重要なプロセスである。ここでは、5つの流体サンプル(モル比Ar:Kr=1:3, Ar:Kr=1:1, Ar:Kr=3:1, Ar:Kr=3:1の純Ar, 純Kr, Ar/Kr混合物)の白金表面上での蒸発を分子動力学シミュレーションを用いて調べました。その結果、Arの三重点以下の70KでAr/Kr混合物(Ar:Kr=1:1, Ar:Kr=3:1)が融解することがわかった。さらに、同条件では、他の系は固体状態として凍結していた。また、Arの沸点を超える90KでのPt表面は、すべての系でAr原子の蒸発を誘発したが、Kr原子は凝縮状態のままであった。Krの沸点付近でPt表面を120Kに加熱すると、Kr原子が大きく蒸発することが報告された。Krの存在はAr原子の蒸発を減少させることができ、特に混合物中のAr:Krのモル比が1:1の場合には、Ar:Kr=1:1の系は気液界面の温度を効果的に低下させることができるため、Ar原子の蒸発を減少させることができた。これは、蒸発した原子が凝縮膜から熱エネルギーを奪うためである。さらに、白金表面に近いArとKrの両方の原子は、白金基板からの強い吸引力のため、蒸発中にほとんど変化しなかった。

Evaporation is a typical heat and mass transfer process, which is important in both nature and industry. Here, the evaporation of five fluid samples (pure Ar, pure Kr and Ar/Kr mixtures with molar ratio Ar : Kr = 1 : 3, Ar : Kr = 1 : 1 and Ar : Kr = 3 : 1) on Pt surface was investigated using molecular dynamics simulations. Colligative properties of the mixtures led to the melting of the Ar/Kr mixtures (Ar : Kr = 1 : 1, Ar : Kr = 3 : 1) at 70 K below the triple point of Ar. Furthermore, under the same condition, the other systems were frozen as the solid state. The Pt surface at 90 K, over the boiling point of Ar, triggered the evaporation of Ar atoms in all the systems while the Kr atoms remained in the condensed state. Kr atoms were reported to be evaporated to a large extent when the Pt surface was heated to 120 K near the boiling point of Kr. The presence of Kr could reduce the evaporation of the Ar atoms, especially when the mole ratio of Ar : Kr in the mixture was 1 : 1 because the Ar : Kr = 1 : 1 system can effectively reduce the temperature of the gas-liquid interface. The temperature of the fluid samples then decreased with increase in distance between Pt and fluid atoms because the evaporated atoms could take the thermal energy away from the condensed films. Moreover, both Ar and Kr atoms, which were close to the Pt surface, hardly changed during evaporation because of the strong attractive force from the Pt substrate.