会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

小児期のマルトリートメントへの暴露とその後の機能的体性および内臓性疼痛症候群の発症との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
EClinicalMedicine.2020 Jun;23:100392. S2589-5370(20)30136-X. doi: 10.1016/j.eclinm.2020.100392.Epub 2020-06-06.

小児期のマルトリートメントへの暴露とその後の機能的体性および内臓性疼痛症候群の発症との関連

The association between exposure to childhood maltreatment and the subsequent development of functional somatic and visceral pain syndromes.

  • Joht Singh Chandan
  • Deepiksana Keerthy
  • Dawit Tefra Zemedikun
  • Kelvin Okoth
  • Krishna Margadhamane Gokhale
  • Karim Raza
  • Siddhartha Bandyopadhyay
  • Julie Taylor
  • Krishnarajah Nirantharakumar
PMID: 32637892 PMCID: PMC7329705. DOI: 10.1016/j.eclinm.2020.100392.

抄録

背景:

小児期の虐待は、膨大な死亡率と罹患率の負担と関連した世界的な公衆衛生上の問題である。本研究では、小児期の虐待に暴露された後に中枢神経過敏症候群(CSS)(体性疼痛症候群と内臓性疼痛症候群からなる)を発症するリスクを調べるために、現在の文献に基づいて研究を行った。

BACKGROUND: Childhood maltreatment is a global public health issue linked to a vast mortality and morbidity burden. This study builds on current literature to explore the risk of developing central sensitivity syndromes (CSS) (consisting of somatic and visceral pain syndromes) subsequent to childhood maltreatment exposure.

方法:

1995年1月1日~2018年12月31日の間に英国のプライマリケアデータベース「The Health Improvement Network」を用いたレトロスペクティブな集団ベースのオープンコホート研究。小児期のマルトリートメントまたはマルトリートメント関連の懸念を経験した成人患者80,657人(曝露患者)を、年齢・性別別に非曝露患者161,314人とマッチングさせた。注目すべきアウトカムはCSSの発現:体性(線維筋痛症、慢性疲労症候群、顎関節症、慢性腰痛、慢性頭痛、筋膜性疼痛症候群、レストレスレッグ症候群)または内臓性(間質性膀胱炎、外陰部痛、慢性前立腺炎、過敏性腸症候群)のいずれかであった。効果の大きさは、信頼区間(CI)とともに調整された発生率比(aIRR)として示されている。モデルは、年齢、性別、貧困、不安、抑うつ、重度の精神的不健康というコホート参加時の共変量で調整された。

METHODS: A retrospective population based open cohort study using the UK primary care database, 'The Health Improvement Network,' between 1st January 1995-31st December 2018. 80,657 adult patients who had experienced childhood maltreatment or maltreatment related concerns (exposed patients) were matched to 161,314 unexposed patients by age and sex. Outcomes of interest were the development of CSS: either somatic (Fibromyalgia, chronic fatigue syndrome, temporomandibular joint disorder, chronic lower back pain, chronic headache, myofascial pain syndrome and restless leg syndrome) or visceral (Interstitial cystitis, vulvodynia, chronic prostatitis and irritable bowel syndrome) in nature. Effect sizes are presented as adjusted incidence rate ratios (aIRR) with confidence intervals (CI). Models were adjusted for the following covariates at cohort entry: age, sex, deprivation, anxiety, depression and serious mental ill health.

結果:

コホート登録時の平均年齢は23.4歳、追跡期間中央値は2.2年であった。線維筋痛症(aIRR 2.06;95%CI 1.71-2.48)、慢性疲労症候群(1.47;1.08-2.00)、慢性腰痛(1.99;1.68-2.35)、レストレスレッグ症候群(1.82;1.41-2.35)、過敏性腸症候群(1.15;1.08-1.22)の発症リスクが未発症群と比較して高かった。22)であったが、側頭顎関節障害(1.00;0.88~1.13)、慢性頭痛(1.04;0.59~1.86)の発症には統計的な関連は認められなかった。04;0.59~1.86)、間質性膀胱炎(1.19;0.51~2.74)、外陰部痛(0.65;0.34~1.26)、慢性前立腺炎(0.34;0.07~1.77)、筋膜性疼痛症候群(0.88;0.36~2.14)の発症との統計的な関連は認められなかった。アウトカムの数値が低かったのは、内臓疾患の希少性(過敏性腸症候群は別として)に起因する可能性が高かった。小児期の虐待歴とCSSとの関連は、主に体性CSSで認められた。

RESULTS: The average age at cohort entry was 23.4 years and the median follow was 2.2 years. There was an increased risk of developing fibromyalgia (aIRR 2.06; 95% CI 1.71-2.48), chronic fatigue syndrome (1.47; 1.08-2.00), chronic lower back pain (1.99; 1.68-2.35), restless leg syndrome (1.82; 1.41-2.35) and irritable bowel syndrome (1.15; 1.08-1.22) when compared to the unexposed group, whereas no statistical association was seen with the development of temporomandibular joint disorder (1.00; 0.88-1.13), chronic headache (1.04; 0.59-1.86), interstitial cystitis (1.19; 0.51-2.74), vulvodynia (0.65; 0.34-1.26), chronic prostatitis (0.34; 0.07-1.77) and myofascial pain syndrome (0.88; 0.36-2.14). Outcome numbers were low, most likely, due to the rarity of visceral conditions (aside from irritable bowel syndrome). The association between a history of childhood maltreatment and CSS were mainly observed in somatic CSS.

インタープリテーション:

中枢性感作症候群の衰弱作用は、診断された個人とそのサービスを提供する医療サービスの双方に、身体的、心理的、経済的に大きな負担をもたらす。CSSの関連する負担を最小限に抑えるためには、小児期の虐待を対象とした一次予防アプローチと二次予防アプローチが検討されるべきである。

INTERPRETATION: The debilitating effects of CSS carry a substantial physical, psychological and economic burden to both the individuals who are diagnosed with them and the health services who serve them. Primary prevention approaches targeting childhood maltreatment as well as secondary preventative approaches should be considered to minimise the associated burden of CSS.

© 2020 The Author(s).