会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

小児神経行動学的治療の課題。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
eNeurologicalSci.2020 Sep;20:100244. S2405-6502(20)30023-X. doi: 10.1016/j.ensci.2020.100244.Epub 2020-05-20.

小児神経行動学的治療の課題。

A pediatric neurobehavioral treatment challenge.

  • Lisa E Whitley
  • Craig Chepke
PMID: 32637662 PMCID: PMC7327830. DOI: 10.1016/j.ensci.2020.100244.

抄録

トゥレット症候群(TS)は、TSや他の小児チック障害が珍しくなく、患者とその家族にとって大きな精神的・身体的苦痛を引き起こす可能性があるという事実にもかかわらず、現在、FDAが承認している治療法は非常に限られています。これらの疾患を実際に診ている医療従事者にとって、これらの家族に提供できる選択肢が限られているため、治療面ではこの不備は非常に不満であり、希望する結果は決して楽観視できるものではありません。この症例発表の成果は、医療提供者が臨床知識とエビデンスに基づいた実践を組み合わせて、いかに患者を擁護し、人生を変えるような新たな解決策を見出すことができるかを示す一例である。この発表は、医療提供者が患者を擁護し、知識を広げることを促進するものである。この事例では、最終的に使用された薬物療法は現在、適応外の治療法であるが、この事例で説明された治療法の見つけ方と入手方法は、実践と患者の転帰にとって重要な適応外治療の決定を慎重に、しかし賢明に行う方法を読者に明らかにしている。このケースでは、適応外治療薬の使用の決定は、科学的文献や現在進行中のFDAの研究、さらには協力している精神科医との相談に基づいて行われました。このケースの主題と推論方法はまた、精神科医療提供者がエビデンスに基づいた実践を行い、科学を積極的に実践することを促進しています。

Tourette 's syndrome (TS) currently has very limited FDA approved treatment options, despite the fact that TS and other pediatric tic disorders are not uncommon and can cause significant emotional and physical distress for patients and their families. For providers who regularly see these conditions in practice this inadequacy is highly frustrating on the treatment side as there are such limited options to offer to these families, and the outcome to hope for is not highly optimistic. The outcome of this case presentation is an example of how health care providers can use clinical knowledge in combination with evidence-based practice to advocate for their patients and find new solutions that could be, and in this case were, life changing. It promotes providers to advocate for their patients and expand their knowledge. The final medication treatment utilized in this case is currently off label, however the method of finding and obtaining the treatment explained in the case additionally reveal to readers how to cautiously but judiciously make off label treatment decisions that can be important to practice and patient outcomes. In the course of this case the off-label medication use decision was backed by scientific literature and ongoing FDA studies as well as consulting with a collaborating psychiatrist. The subject matter and method of reasoning within this case also promote psychiatric providers use of evidence-based practice and implementation of science into active practice.

© 2020 The Author(s).