会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

急性心筋梗塞患者の原因病変評価のための光コヒーレンス・トモグラフィーと血管内超音波検査の比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Postepy Kardiol Interwencyjnej.2020 Jun;16(2):145-152. 40857. doi: 10.5114/aic.2020.96057.Epub 2020-06-23.

急性心筋梗塞患者の原因病変評価のための光コヒーレンス・トモグラフィーと血管内超音波検査の比較

Optical coherence tomography versus intravascular ultrasound for culprit lesion assessment in patients with acute myocardial infarction.

  • Blaz Mrevlje
  • Paweł Kleczyński
  • Igor Kranjec
  • Jacek Jąkała
  • Marko Noc
  • Łukasz Rzeszutko
  • Artur Dziewierz
  • Marcin Wizimirski
  • Dariusz Dudek
  • Jacek Legutko
PMID: 32636898 PMCID: PMC7333203. DOI: 10.5114/aic.2020.96057.

抄録

序章:

急性心筋梗塞(AMI)で一次経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を受けている患者では、留置ステントが原因病変(CL)に関連する血管内超音波(IVUS)由来の薄キャップ線維脂肪腫(TCFA)を完全にカバーしていない場合がある。

Introduction: In patients with acute myocardial infarction (AMI) undergoing primary percutaneous coronary intervention (PCI) the implanted stent may not fully cover the whole intravascular ultrasound (IVUS)-derived thin-cap fibroatheroma (TCFA) related to the culprit lesion (CL).

狙い目:

この現象がCLの光コヒーレンス・トモグラフィー(OCT)評価を行うとより顕著になるかどうかは不明である。

Aim: Whether this phenomenon is more pronounced when optical coherence tomography (OCT) assessment of the CL is performed is not known.

材料と方法:

そこで、PCI治療を受けたAMI患者40例を対象に、介入前後のVH(仮想組織学)-IVUSとOCTを用いてCLを評価することを目的とした。結果は術者の盲検化を行い、PCIは血管造影指導のもとで行われた。

Material and methods: Thus, we aimed to assess CLs in 40 patients with AMI treated with PCI, using VH (virtual histology)-IVUS and OCT before and after intervention. The results were blinded to the operator and PCI was done under angiography guidance.

結果:

23例(57.5%)の患者のステント基準セグメントでは、遠位基準セグメントで13例(32.5%)、近位基準セグメントで19例(47.5%)に脂質を多く含むプラークが確認された。そのうち9例(22.5%)では、両方の基準セグメントに脂質プラークが認められた。36例(90%)では、OCTでVH-IVUSでVH由来のTCFAと同定された脂質斑がステントされたセグメントの基準セグメントで確認された。しかし、OCTでは、2(5%)の患者でのみ、組織学的に定義された真のTCFAの脂質斑が発見されたことが確認された。ステントされたセグメントのIVUSとOCTの質的特性を比較すると、OCTはIVUSと比較して、より多くの血栓の突出と近位および遠位のステントエッジの切断を検出した(92.5対55%、= 0.001; 20%対7.5%、= 0.03と25%対5%、< 0.001、それぞれ)。

Results: Uncovered lipid-rich plaques were identified in the stent reference segments of 23 (57.5%) patients: in 13 (32.5%) of them in the distal reference segment and in 19 (47.5%) of them in the proximal reference segment. In 9 of them (22.5%) lipid plaques were found in both reference segments. In 36 (90%) patients OCT confirmed lipid plaques identified as VH-derived TCFA by VH-IVUS in the reference segments of the stented segment. However, OCT confirmed that only in 2 (5%) patients were uncovered lipid plaques true TCFA as defined by histology. Comparing IVUS and OCT qualitative characteristics of the stented segments OCT detected more thrombus protrusions and proximal and distal stent edge dissections compared to IVUS (92.5 vs. 55%, = 0.001; 20% vs. 7.5%, = 0.03 and 25% vs. 5%, < 0.001, respectively).

結論:

OCTの方が解像度が高いため、TCFAをより正確に同定することができる。OCTは血管造影によるPCI後のIVUSよりもステント留置に関連した問題が残っていることを示すことが多い。

Conclusions: Due to its superior resolution, OCT identifies TCFA more precisely. OCT more often shows remaining problems related to stent implantation than IVUS after angiographically guided PCI.

Copyright: © 2020 Termedia Sp. z o. o.