会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

2種類の全膝関節形成術後のイヌ腓骨運動学的解析の比較。カダベリック研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Vet World.2020 May;13(5):956-962. Vetworld-13-956. doi: 10.14202/vetworld.2020.956-962.Epub 2020-05-20.

2種類の全膝関節形成術後のイヌ腓骨運動学的解析の比較。カダベリック研究

Comparison of canine stifle kinematic analysis after two types of total knee arthroplasty: A cadaveric study.

  • Chaiyakorn Thitiyanaporn
  • Nattapon Chantarapanich
  • Somchai Sompaisarnsilp
  • Naris Thengchaisri
PMID: 32636593 PMCID: PMC7311880. DOI: 10.14202/vetworld.2020.956-962.

抄録

背景と目的:

変形性膝関節症は、犬の肩甲骨の頭蓋十字靭帯断裂(CCLR)の一般的な結果です。膝全置換術は、末期の変形性関節症を管理するための貴重な方法である。

Background and Aim: Osteoarthritis is a common consequence of cranial cruciate ligament rupture (CCLR) in the canine stifle. Total knee replacement is a valuable method for managing end-stage osteoarthritis.

材料と方法:

コンピュータ断層撮影から得られた情報をもとに、2つの新しいデザインの人工膝関節全置換インプラントを作製した。犬の後肢は、Cアーム透視を用いたバイオメカニクス試験機を用いて試験を行った。試験された4つのグループは以下の通りであった。インタクトスティフル(intact)、CCLR、脛骨コンポーネントの上にペグを有する膝関節全置換術(TKA)(TKAP)、および脛骨コンポーネントの上にペグを有さないTKA(TKAN)であった。伸展、屈曲、内転、外転、頭蓋内移動、尾部移動、可動域を測定した。

Materials and Methods: Two new designs of total knee replacement implants were fabricated with information from computed tomography scans. Canine hind limbs of cadavers were tested with a biomechanical testing machine with C-arm fluoroscopy. The four groups tested were as follows: Intact stifles (INTACT), CCLR, total knee arthroplasty (TKA) with a peg on top of the tibial component (TKAP), and TKA with no peg on top of the tibial component (TKAN). Extension, flexion, adduction, abduction, internal rotation, external rotation, cranial translation, caudal translation, and range of motion were measured.

結果:

大腿骨に対する脛骨の頭蓋内移動は、頭蓋十字靭帯を切断した後に有意に増加した。関節形成術後、TKAN群では無傷の僧帽筋群と比較して、内転・内転、頭蓋内・尾内移動が増加していた。TKAP群では、adductionのみがintact stifle群に比べて増加した。

Results: The cranial translation of the tibia relative to the femur increased significantly after cutting off the cranial cruciate ligament. After arthroplasty, adduction/abduction and cranial/caudal translation within the TKAN group was increased compared with the intact stifle group. In the TKAP group, only adduction was greater than it was in the intact stifle group.

結論:

TKAP群で使用されたプロテーゼのデザインは、TKAN群で使用されたプロテーゼのデザインよりも犬の膝全置換術に適していた。

Conclusion: The design of the prosthesis used for the TKAP group was more appropriate for total knee replacement in dogs than the design of the prosthesis for the TKAN group.

Copyright: © Thitiyanaporn, et al.