国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

心電図(ECG)上のBrugadaパターンとして現れる高カリウム血症の病態生理学 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am J Case Rep.2020 Jul;21:e923464. 923464. doi: 10.12659/AJCR.923464.Epub 2020-07-08.

心電図(ECG)上のBrugadaパターンとして現れる高カリウム血症の病態生理学

Pathophysiology of Hyperkalemia Presenting as Brugada Pattern on Electrocardiogram (ECG).

  • Benjamin Doty
  • Elaine Kim
  • Jeremiah Phelps
  • Peter Akpunonu
PMID: 32636355 DOI: 10.12659/AJCR.923464.

抄録

背景 ブルガダフェノコピー(BrP)は、イオン電流の不均衡や心筋壁内の伝導遅延に病因があると推測される可逆性の病状によって誘発される臨床的・心電図的(ECG)症状である。病的状態の誘発時には、先天的に獲得したブルガダ症候群と同一の心電図パターンを示し、その後、病状が回復すると正常な心電図パターンに戻る。この症例報告では,ヘロインの過剰摂取が疑われ,急性高カリウム血症に続発したBrPと一致する心電図を示した26歳の男性を救急外来に受診した.症例報告 薬物乱用歴と発作性障害を有する26歳の男性が,ヘロインの過剰摂取に伴う急性脳症と重度の横紋筋融解症と急性腎不全を合併して救急外来を受診した.臨床検査では,急性高カリウム血症(カリウム7.2mmol/L),クレアチンキナーゼ上昇,重度のトランスアミナーゼ炎,クレアチニン上昇が認められた.入院時の心電図ではV1~V2リードにBrugada様の変化がみられたが,その後重炭酸塩投与とカリウムの正常化で解消した.初期安定化後,集中治療室(ICU)に入院した.横紋筋融解症と急性腎障害は大量の水分補給で改善した。市中肺炎と診断され,感染症検査では陰性であったが,抗生物質の投与で改善した.低酸素血症の呼吸不全が解消され、意識が改善された後、退院した。結論 この症例報告はBrPに関する文献の増加に加え、一般的な電解質異常のユニークな症状としてその特徴的な心電図パターンを認識することの重要性を強調している。

BACKGROUND Brugada phenocopies (BrP) are clinical and electrocardiographic (ECG) entities elicited by reversible medical conditions speculated to have pathogenesis rooted in ion current imbalances or conduction delays within the myocardial wall. During an inciting pathologic condition, it produces ECG patterns identical to those of congenitally-acquired Brugada syndrome and subsequently returns to normal ECG patterns upon resolution of the medical condition. This case report describes a 26-year-old man presenting to the Emergency Department (ED) for suspected heroin overdose with a rare ECG consistent with BrP secondary to acute hyperkalemia. CASE REPORT A 26-year-old man with a history of substance abuse and a seizure disorder presented to the ED for acute encephalopathy secondary to a heroin overdose complicated by severe rhabdomyolysis and acute renal failure. Laboratory investigations showed acute hyperkalemia (potassium of 7.2 mmol/L) in addition to an elevated creatine kinase, severe transaminitis, and elevated creatinine. His ECG on admission revealed Brugada-like changes in leads V1-V2, with subsequent resolution upon bicarbonate administration and normalization of potassium. After initial stabilization, the patient was admitted to the Intensive Care Unit (ICU). His rhabdomyolysis and acute kidney injury improved after copious rehydration. He was found to have community-acquired pneumonia, with a negative infectious disease workup, that improved with antibiotics. Upon resolution of his hypoxemic respiratory failure and improvement in mentation, he was discharged from the hospital. CONCLUSIONS Our case report adds to the growing literature on BrP and highlights the importance of recognizing its characteristic ECG pattern as a unique presentation of a common electrolyte derangement.