会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

全身性エリテマトーデスの病態におけるCCケモカイン受容体6(CCR6)。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Immunol. Cell Biol..2020 Jul;doi: 10.1111/imcb.12375.Epub 2020-07-07.

全身性エリテマトーデスの病態におけるCCケモカイン受容体6(CCR6)。

CC chemokine receptor 6 (CCR6) in the pathogenesis of systemic lupus erythematosus.

  • Adrian Y S Lee
  • Heinrich Körner
PMID: 32634857 DOI: 10.1111/imcb.12375.

抄録

CCケモカイン受容体6(CCR6)とその唯一のケモカインリガンドであるCCL20は、炎症性、自己免疫性、悪性疾患のプロセスの増加に関与している興味深いペアである。最近の観察では、体液性免疫応答の調節におけるこのケモカイン軸にも注目が集まっています。このレビュー記事では、体液性免疫不全の典型的な自己免疫疾患である全身性エリテマトーデス(SLE)におけるCCR6/CCL20の新たな関連性を探る。CCR6は樹状細胞やTヘルパー17(T17)細胞など、SLEの発症に関与するいくつかの免疫細胞で顕著に発現している。CCR6の発現は疾患活動性や重症度の血清学的マーカーと相関しており、疾患発症に関与している可能性が示唆されています。しかし、CCR6とCCL20の機能についての理解には多くの穴があり、これらの重要な分子に診断的、予後予測的、モニタリング的な役割があるかどうかを判断するためには、今後の研究が必要とされています。

The CC chemokine receptor 6 (CCR6) and its sole chemokine ligand, CCL20, are an intriguing pair that have been implicated in a growing number of inflammatory, autoimmune and malignant disease processes. Recent observations have also highlighted this chemokine axis in the regulation of humoral immune responses. Through this review article, we explore the emerging links of CCR6/CCL20 in an archetypal autoimmune disease of humoral dysregulation: systemic lupus erythematosus (SLE). CCR6 is expressed prominently on several immune cells involved in the pathogenesis of SLE, such as dendritic cells and T helper 17 (T 17) cells. Its expression is correlated with disease activity and serological markers of disease severity suggesting a possible role in disease pathogenesis. However, there are numerous holes in our understanding of the functions of CCR6 and CCL20, and future studies are required to determine if there are any diagnostic, prognostic or monitoring roles for these important molecules.

This article is protected by copyright. All rights reserved.