会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

B型肝炎ウイルスの周産期感染防止における免疫予防薬の早期使用による保護の増加。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin. Infect. Dis..2020 Jul;ciaa898. doi: 10.1093/cid/ciaa898.Epub 2020-07-08.

B型肝炎ウイルスの周産期感染防止における免疫予防薬の早期使用による保護の増加。

Increased protection of earlier use of immunoprophylaxis in preventing perinatal transmission of hepatitis B virus.

  • Hongyu Huang
  • Chenyu Xu
  • Lanhua Liu
  • Liping Chen
  • Xiaoqin Zhu
  • Jie Chen
  • Jing Feng
  • Tingmei Chen
  • Biao Xu
  • Jishi Yang
  • Biyun Xu
  • Mingjie Pan
  • Yimin Dai
  • Yali Hu
  • Yi-Hua Zhou
PMID: 32634824 DOI: 10.1093/cid/ciaa898.

抄録

背景:

B型肝炎ウイルス(HBV)の母子感染(MTCT)に対する受動的・能動的免疫予防法では、生後12時間または24時間以内の乳児にB型免疫グロブリン(HBIG)および出生時投与のB型肝炎ワクチンを投与することが推奨されています。このプロトコルでは、HBVのMTCTは、HBVに感染した母親がB型肝炎e抗原(HBeAg)陽性の乳児の5~10%にまだ発生しています。

BACKGROUND: Passive-active immunoprophylaxis against mother-to-child transmission (MTCT) of hepatitis B virus (HBV) recommends administer hepatitis B immunoglobulin (HBIG) and birth dose hepatitis B vaccine in infants within 12 or 24 hours after birth. With this protocol, MTCT of HBV still occurs in 5-10% infants of HBV-infected mothers with positive hepatitis B e antigen (HBeAg).

方法:

本研究では、HBIGとB型肝炎ワクチンを出生後早期に投与することで、保護効果がさらに高まるかどうかを検討することを目的とした。

METHODS: The present study aimed to investigate whether earlier administration of HBIG and hepatitis B vaccine after birth can further increase the protection efficacy.

結果:

合計1140人のHBV感染妊婦が登録され、973人の母親のうち982人の乳児(9人の双子)が生後9.6±1.9ヶ月で最終的に追跡調査された。新生児にHBIGと出生時量ワクチンを投与し、生後中央値0.17時間(0.02~1.0)で投与した。全体のMTCT率は0.9%(9/982)で、HBeAg陰性の母親の乳児607例のうち1例(0%)、HBeAg陽性の母親の乳児375例のうち9例(2.4%)であった。9人のHBV感染児はすべて、HBV DNA >2.75×106 IU/mlの母親から生まれた。母親のHBV DNAレベルが1×106 IU/mlを超えていたことは、免疫予防の失敗の独立した危険因子(OR = 10.627、95%CI:2.135-+∞)であった。

RESULTS: Totally, 1140 HBV-infected pregnant women were enrolled, and 982 infants (9 twins) of 973 mothers were finally followed up at 9.6 ± 1.9 months age. HBIG and birth dose vaccine were administered in newborn infants with a median 0.17 hour (0.02-1.0) after birth. The overall rate of MTCT was 0.9% (9/982), with none (0%) of 607 infants of HBeAg-negative mothers and 9 (2.4%) of 375 infants of HBeAg-positive mothers. All nine HBV-infected infants were born to mothers with HBV DNA >2.75×106 IU/ml. Maternal HBV DNA levels >1×106 IU/ml was an independent risk factor (OR = 10.627, 95% CI: 2.135-+∞) for immunoprophylaxis failure.

コンセンサス:

HBIGおよびB型肝炎ワクチンの早期使用(生後1時間以内)により、HBVのMTCTに対するより優れた保護効果が得られます。

CONSLUSIONS: Earlier use (within one hour after birth) of HBIG and hepatitis B vaccine can provide better protection efficacy against MTCT of HBV.

© The Author(s) 2020. Published by Oxford University Press for the Infectious Diseases Society of America. All rights reserved. For permissions, e-mail: journals.permissions@oup.com.