会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

COVID-19と脳卒中。偶発的な役割か、それとも原因的な役割か? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cerebrovasc. Dis..2020 Jul;:1-4. 000509453. doi: 10.1159/000509453.Epub 2020-07-07.

COVID-19と脳卒中。偶発的な役割か、それとも原因的な役割か?

COVID-19 and Stroke: Casual or Causal Role?

  • Carlo Emanuele Saggese
  • Chiara Del Bianco
  • Maria Rita Di Ruzza
  • Maria Magarelli
  • Roberto Gandini
  • Maurizio Plocco
PMID: 32634813 DOI: 10.1159/000509453.

抄録

背景:

COVID-19アウトブレイクは、現在、世界的に公衆衛生上の大きな関心事となっている。この感染症は、新型コロナウイルスSars Cov2によって引き起こされ、主に呼吸器系に影響を与えるが、神経学的関与や脳血管事故の証拠が増加している。

BACKGROUND: The COVID-19 outbreak is currently the major public health concern worldwide. This infection, caused by the novel coronavirus Sars Cov2, primarily affects respiratory system, but there is increasing evidence of neurologic involvement and cerebrovascular accidents.

ケースレポート:

複数の血管危険因子を有する62歳のCOVID-19陽性患者に脳卒中を発症した1例を紹介する。患者は発症1時間後に来院し、組換え組織プラスミノーゲンアクチベーター(rtPA)による治療を受け、神経障害は改善したが、その後、右足動脈虚血(バルーンカテーテル血管形成術で再灌流)と左腕表在性静脈血栓症を発症した。発症7日後のコントロールCT(Computed Tomography)検査では,虚血性病変の出血性転化が認められたが,腫瘤の影響は認められなかった.しかし、呼吸器と神経学的状態は改善し、患者はリハビリテーションに退院した。

CASE REPORT: We present a case of stroke in a 62-year-old COVID-19-positive patient, with multiple vascular risk factors. The patient arrived 1 h after onset of symptoms, was treated with recombinant tissue plasminogen activator (rtPA) with improvement of neurologic deficits, and later developed right foot arterial ischemia (recanalized by balloon catheter angioplasty) and left arm superficial venous thrombosis. A control computed tomography (CT) scan 7 days after onset showed hemorrhagic transformation of ischemic lesion without mass effect. However, respiratory and neurologic conditions improved so that the patient was discharged to rehabilitation.

DISCUSSION:

これまでCOVID-19の脳卒中症例はほとんど報告されておらず、主に重症化した症例が報告されている。この患者は静脈血栓症と同様に様々な部位で虚血性傷害を有していた;したがって、その受容体ACE2は内皮細胞でも発現する表面タンパク質であることから、Sars Cov2は血管事故を促進する直接的な役割を有しているのではないかと推測される。この症例は、COVID-19が脳卒中や一般的な血管合併症を、たとえ軽度の症例であっても助長することを示唆しており、既往の危険因子の存在が決定的な役割を果たしている可能性を示唆している。

DISCUSSION: Until now, few cases of stroke in COVID-19 have been described, mainly in severe forms. This patient had ischemic injuries in different sites as well as venous thrombosis; hence, we speculate that Sars Cov2 could have a direct role in promoting vascular accidents since its receptor ACE2 is a surface protein also expressed by endothelial cells. This case suggests that COVID-19 can favor strokes and in general vascular complications, even in milder cases, and the presence of preexisting risk factors could play a determinant role.

© 2020 S. Karger AG, Basel.