会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ブラジル南部のThamnodynastes hypoconia (Serpentes: Dipsadidae)の栄養生態について、安定同位体は何を教えてくれるのでしょうか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Zoology (Jena).2020 May;141:125812. S0944-2006(20)30071-4. doi: 10.1016/j.zool.2020.125812.Epub 2020-05-26.

ブラジル南部のThamnodynastes hypoconia (Serpentes: Dipsadidae)の栄養生態について、安定同位体は何を教えてくれるのでしょうか?

What do stable isotopes tell us about the trophic ecology of Thamnodynastes hypoconia (Serpentes: Dipsadidae) in southern Brazil?

  • Marluci Müller Rebelato
  • Kirk O Winemiller
  • Andrew M Durso
  • Alexandro Marques Tozetti
  • Plínio Barbosa de Camargo
  • Laura Verrastro
PMID: 32634705 DOI: 10.1016/j.zool.2020.125812.

抄録

ヘビはギャップを制限された捕食者であり、食生活に先天的な変化をもたらす可能性があるため、生態学的研究に有用なモデルとなっている。本研究では、炭素と窒素の安定同位体比を分析し、ヘビThamnodynastes hypoconiaの幼虫と成虫のバイオマス、栄養状態、同位体ニッチ幅に対する異なる餌料の寄与率を推定した。また、2つの年齢カテゴリー間の同位体ニッチの重なりを推定した。また、ブラジル南部のある場所で、2年間に8回の間隔で全血とウロコのサンプルを採取した。その結果、炭素と窒素の同位体比はいずれの組織型でも幼魚と成魚の間に差はなく、また幼魚と成魚の平均栄養位置にも差はなかった。餌生物の種類がヘビのバイオマスに占める割合は2年間で限られた範囲で異なり、1年目はヒレ科が最も重要なイヌ科のグループであり、2年目は両年齢でLeptodactylidaeが同化していた。全血サンプルのデータを用いた分析では、成体のヘビが占める同位体ニッチは幼体よりもわずかに大きかったが、これはヘビは口が限られているために予想されたことである。これは、成体のヘビが特定の獲物を選択的に捕食するようになると、長期的にはニッチが小さくなることを示しているのかもしれない。稚魚と成魚の間には2年間の間に同位体の重なりが見られたが、2年目の方が大きくなっていた。このことから、調査地域の幼魚と成魚は、えさの大きさに違いがあるにもかかわらず、似たような獲物を利用していることが推察され、栄養学的な類似性の程度は年々変化していると考えられます。

Snakes are a useful model for ecological studies because they are gape-limited predators that may undergo ontogenetic changes in diet. We analyzed carbon and nitrogen stable isotope ratios to estimate percent contributions of different prey to snake biomass, trophic positions and isotopic niche width of juveniles and adults of the snake Thamnodynastes hypoconia. We also estimated the isotopic niche overlap between the two age categories. During eight intervals over a two-year period, we collected samples of whole blood and scales at a site in southern Brazil. Isotopic ratios of carbon and nitrogen did not differ between juveniles and adults for either tissue type, nor did mean trophic positions of juveniles and adults differ. The percent contribution of prey categories to snake biomass differed to a limited extent between the two years, with Hylidae being the most important anuran group assimilated during the first year and Leptodactylidae during the second year, for both ages. The isotopic niche occupied by adult snakes was slightly larger than that of juveniles when the analysis was based on data from whole blood samples, as expected because snakes are gape-limited. We found a reverse pattern when the analysis was based on scales, which may indicate that adult snakes have a smaller niche over the long term as they become selective foragers in certain prey. Isotopic overlap between juveniles and adults occurred during the two years, but it was bigger during the second year. We infer that, despite differences in gape size, juvenile and adult snakes in the study area exploit similar prey, with the degree of trophic similarity varying interannually.

Copyright © 2020 Elsevier GmbH. All rights reserved.