会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

尖圭コンジローマの治療における疼痛を最小限に抑えるための修正光線力学的治療:前向き無作為化自己対照試験。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Photodiagnosis Photodyn Ther.2020 Jul;:101915. S1572-1000(20)30269-6. doi: 10.1016/j.pdpdt.2020.101915.Epub 2020-07-04.

尖圭コンジローマの治療における疼痛を最小限に抑えるための修正光線力学的治療:前向き無作為化自己対照試験。

Modified photodynamic therapy to minimize pain in the treatment of condylomata acuminata: a prospective, randomized, self-controlled study.

  • Haiyan Zhang
  • Lei Shi
  • Yunfeng Zhang
  • Peiru Wang
  • Guolong Zhang
  • Yajing Cao
  • Zhongxia Zhou
  • Xiuli Wang
PMID: 32634656 DOI: 10.1016/j.pdpdt.2020.101915.

抄録

背景:

疼痛は従来の光線力学的治療(C-PDT)に関連する主要な懸念事項である。

BACKGROUND: Pain is a major concern associated with conventional photodynamic therapy (C-PDT).

目的:

尖圭コンジロームの治療に用いられる光線力学的治療法(M-PDT)の有効性、痛み、安全性を評価する。

OBJECTIVE: To evaluate the efficacy, pain and safety of modified photodynamic therapy(M-PDT) for the treatment of condylomata acuminata.

方法:

プロスペクティブな無作為化自己対照試験を実施した。イボはM-PDT側とC-PDT側に無作為に割り付けられた。5-アミノレブリン酸(ALA;20%)を、C-PDT側ではLED赤色光(100 J/cm2 )に照射する3時間前から、M-PDT側ではLED赤色光(300 J/cm2 )に照射する30分前からインキュベートした。処置は1週間間隔で3週間行った。1週間後にクリアランス率を、4、8、12週間後に再発率を測定した。また、疼痛やその他の副作用についても調査した。

METHODS: A prospective, randomized, self-controlled study was conducted. Warts were randomized to the M-PDT or C-PDT side. 5-aminolevulinic acid (ALA; 20%) was incubated for 3 h before patients were exposed to LED red light (100 J/cm2 ) on the C-PDT side and for 30 minutes before being exposed to LED red light (300 J/cm2 ) on the M-PDT side. Treatment was administered with 1-week interval for three weeks. The clearance rates were determined at one week and the recurrence rates at 4, 8, and 12 weeks after treatment. The pain and other side effects were also investigated.

結果:

尖圭コンジローム患者24名がこの試験に登録された。20例が本試験を終了した。クリアランス率はM-PDT側98.17%,C-PDT側98.20%(P>0.05)であった。再発率はM-PDT側で11.11%、C-PDT側で10.53%であった(P > 0.05)。しかし、M-PDTはほぼ無痛(平均スコア0.3±0.47、範囲0∼1)であり、C-PDT側(平均スコア3.6±0.94、範囲0∼1)に比べて有意に低かった(P<0.05)。両側に局所紅斑、軽度の浮腫、びらんが認められた。

RESULTS: A total of 24 patients with condylomata acuminata were enrolled in this trial. Twenty patients completed the trial. The clearance rates were 98.17% in the M-PDT side and 98.20% in the C-PDT side(P > 0.05). The recurrence rates were 11.11% and 10.53% (P > 0.05). However, M-PDT was almost painless (mean score 0.3 ± 0.47, range 0∼1), which was significantly less than that on the C-PDT side (mean score 3.6 ± 0.94, range 0∼1) (P < 0.05). Local erythema, mild edema and erosion were observed on both sides.

結論:

修正光線力学的治療は基本的に無痛であり、従来の光線力学的治療と同等の有効性を有しており、光線力学的治療における疼痛管理の大きなブレークスルーとなった。

CONCLUSION: The modified PDT is basically painless with similar efficacy to conventional PDT, which is a major breakthrough of pain management in PDT.

Copyright © 2020. Published by Elsevier B.V.