会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

疼痛を伴うZinner症候群のロボット管理、症例報告と文献のレビュー。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Surg Case Rep.2020 Jun;73:61-64. S2210-2612(20)30481-8. doi: 10.1016/j.ijscr.2020.06.078.Epub 2020-06-22.

疼痛を伴うZinner症候群のロボット管理、症例報告と文献のレビュー。

Robotic management of painful Zinner syndrome, case report and review of literature.

  • Laura Demaeyer
  • Serge Holz
  • Didier Pamart
  • Steven Taylor
  • Michel Naudin
PMID: 32634620 DOI: 10.1016/j.ijscr.2020.06.078.

抄録

背景:

ツィナー症候群は、妊娠4週目から13週目の間に発生する胚学的異常に起因する先天性の病態である。この胚学的異常は、片側性の腎閉塞、同側性の精液小胞嚢胞嚢胞、射精管閉塞を引き起こします。ほとんどの場合、無症状で治療の必要はないが、症状のある症例では、嚢胞と精嚢小胞の外科的摘出が100%有効である。

BACKGROUND: Zinner Syndrome is a congenital pathology due to an embryologic anomaly occurring between the 4th and 13th gestational week. This embryologic defect leads to unilateral renal agenesis, ipsilateral seminal vesicle cyst and ejaculatory duct obstruction. Most of the time patients are asymptomatic and do not need any treatment but for symptomatic cases, only surgical removal of the cyst and seminal vesicle are 100% effective.

症例:

ここで紹介する症例は、右精嚢胞嚢胞と同側性の腎閉塞症を呈した健康な33歳の男性である。最初は保存的アプローチが試みられたが、そのたびに症状が再発していた。そこでロボット支援腹腔鏡を用いて膀胱と右精巣小胞を完全に切除することにした。術後の合併症はなく、患者の症状はすぐに改善した。6ヵ月後の経過観察では、患者は完全に無症状のままである。

CASE: The case presented here is that of a healthy 33-year old man with symptomatic right seminal vesicle cyst and ipsilateral renal agenesis. First a conservative approach was attempted but each time the symptoms ended up reappearing. We decided to use robot-assisted laparoscopy to completely resect the cyst and the right seminal vesicle. There was no postoperative complication and the patient's symptoms improved immediately. After a 6 months follow-up the patient remains completely asymptomatic.

結論:

精液小胞嚢胞の完全切除は、症状のあるZinner症候群患者にとって唯一の100%有効な治療法である。従来の腹腔鏡検査やロボット補助腹腔鏡検査のような低侵襲アプローチは安全で効果的であり、現在のところ手術のゴールドスタンダードとして考慮されるべきである。

CONCLUSION: Complete excision of the seminal vesicle cyst is the only 100% effective treatment option for symptomatic patients with Zinner syndrome. Minimally invasive approaches like conventional laparoscopy or robotic assisted laparoscopy are safe and effective and should currently be considered as the surgical gold standard.

Copyright © 2020 The Authors. Published by Elsevier Ltd.. All rights reserved.