会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

成人における髄腔内の脊髄ダーモイド嚢胞の1例。症例報告。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Surg Case Rep.2020 Jun;73:52-57. S2210-2612(20)30468-5. doi: 10.1016/j.ijscr.2020.06.065.Epub 2020-06-20.

成人における髄腔内の脊髄ダーモイド嚢胞の1例。症例報告。

A rare case of intramedullary spinal dermoid cyst in adult: A case report.

  • Luthfi Gatam
  • Prima Enky Merthana
PMID: 32634618 DOI: 10.1016/j.ijscr.2020.06.065.

抄録

序論:

髄腔内デルモイド嚢胞は、発生過程での神経管の閉鎖不全が主な原因で発生する稀な良性腫瘍である。これらの腫瘍は、人生の第二十年から第三十年に発現する緩徐成長の腫瘍である。髄内真皮内嚢胞の有病率はわずか1%である。

INTRODUCTION: Intramedullary spine dermoid cysts are rare and benign tumors that occur mainly due to the defective closure of the neural tube during the development process. They are slow-growing tumor that manifest in the second and third decades of life. The prevalence of intramedullary dermoid cysts is only 1%.

症例紹介:

入院前6ヶ月間に右足の脱力感を主訴とする30歳女性を受診した。腰痛を訴え、側弯症の既往歴があった。MRIでT11-L1レベルの髄内腫瘍を発見した。MRIではT11-L1レベルの髄内腫瘍を発見したため,切除を行い,病理組織学的検査のためにサンプルを送付した.病理組織学的には真皮嚢腫であった。

PRESENTATION OF CASE: We reported a 30 years old female with chief complain of weakness of the right leg in the last 6 months before admission. She complained about back pain and had history of scoliosis. In MRI we found intramedullary tumor at level T11-L1. We performed marginal excision and sent the sample for histopathological examination. The histopathological result was dermoid cyst tumor.

DISCUSSION:

術後6ヶ月の間、再発は認められず、症状の完全な緩和は期待通りである。適切な対応と良好な転帰を得るためには早期診断が必要である。

DISCUSSION: During six months of post-operative period, no recurrence was detected, and a complete relief of symptoms is as expected. Early diagnosis is needed for proper handling and to achieve good outcomes.

結論:

外傷歴のない成人の皮膚嚢胞は稀な症例である。外科的切除が治療の選択となる。しかし、感覚運動機能をモニターするためには長期の経過観察が必要である。

CONCLUSION: Dermoid cysts in adults without a history of trauma are a rare case. Surgical excision is the choice of treatment. However, long-term follow up is needed to monitor the sensory-motor function.

Copyright © 2020 The Authors. Published by Elsevier Ltd.. All rights reserved.