会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

韓国におけるCOVID-19の時空間パターンと政府の対応(2020年5月31日現在) | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. J. Infect. Dis..2020 Jul;S1201-9712(20)30546-4. doi: 10.1016/j.ijid.2020.07.004.Epub 2020-07-04.

韓国におけるCOVID-19の時空間パターンと政府の対応(2020年5月31日現在)

Spatiotemporal pattern of COVID-19 and government response in South Korea (as of May 31, 2020).

  • Sun Kim
  • Marcia C Castro
PMID: 32634584 PMCID: PMC7334954. DOI: 10.1016/j.ijid.2020.07.004.

抄録

目的:

本研究の目的は、COVID-19が韓国の地区間でどのようにクラスター化したかを評価し、韓国の封じ込め戦略後にクラスターのパターンと期間が変化したかどうかを評価することである。

OBJECTIVES: The aim of this study is to assess how COVID-19 clustered across districts in South Korea and to assess whether the pattern and duration of clusters changed following the country's containment strategy.

方法:

韓国疾病予防管理センターおよび各省のウェブサイトから入手した、2020年1月20日から5月31日までの韓国の250地区によるCOVID-19の日次確認症例を時空間的に分析した。空間自己相関分析にはグローバルMoran's I統計量を、COVID-19の時空間クラスタ分析にはレトロスペクティブ時空スキャン統計量を用いた。

METHODS: We conducted spatiotemporal analysis of COVID-19 daily confirmed cases by 250 districts in South Korea from January 20 to May 31, 2020, obtained from the Korea Centers for Disease Control and Prevention and each provincial website. Global Moran's I statistic was used for spatial autocorrelation analysis and retrospective space-time scan statistic was used to analyze spatiotemporal clusters of COVID-19.

結果:

地理的分布は強い空間的自己相関を示し、グローバルなモランのI係数は0.784(p=0.0001)であった。離散ポアソンモデルを用いて時空間スキャン統計量を測定したところ、統計的に有意な12個の空間的クラスターが同定された。クラスターの空間パターンは時間の経過とともに変化し、クラスターの持続時間は短くなった。

RESULTS: The geographical distribution showed strong spatial autocorrelation, with a global Moran's I coefficient of 0.784 (p = 0.0001). Twelve statistically significant spatiotemporal clusters were identified by space-time scan statistic using a discrete Poisson model. The spatial pattern of clusters changed and the duration of clusters became shorter over time.

結論:

結果は、韓国のCOVID-19の封じ込め戦略が早期発見と緩和の両面で非常に効果的であったことを示しており、最近のクラスターは規模と期間が小さいことを示している。韓国からの教訓は、伝染病対応についての議論の火付け役となるはずである。

CONCLUSIONS: Results indicate that South Korea's containment strategy of COVID-19 was highly effective in both early detection and mitigation, with recent clusters being small in size and duration. Lessons from South Korea should spark a discussion on epidemic response.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Ltd.