会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Physalin Aは、c-Jun NH2キナーゼのリン酸化/アクチベータープロテイン1の活性化を抑制し、抗酸化活性を高めることで炎症を抑制します。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Toxicol. Appl. Pharmacol..2020 Jul;:115115. S0041-008X(20)30241-6. doi: 10.1016/j.taap.2020.115115.Epub 2020-07-04.

Physalin Aは、c-Jun NH2キナーゼのリン酸化/アクチベータープロテイン1の活性化を抑制し、抗酸化活性を高めることで炎症を抑制します。

Physalin A attenuates inflammation through down-regulating c-Jun NH2 kinase phosphorylation/Activator Protein 1 activation and up-regulating the antioxidant activity.

  • Yu-Hsien Lin
  • Ya-Hsin Hsiao
  • Ka-Lok Ng
  • Yueh-Hsiung Kuo
  • Yun-Ping Lim
  • Wen-Tsong Hsieh
PMID: 32634518 DOI: 10.1016/j.taap.2020.115115.

抄録

本研究では、PAがLPS誘導RAW 264.7細胞において、PGE、NO、IL-1β、IL-6、TNF-αなどの炎症性サイトカインの産生を抑制することを明らかにした。さらに、LPS 刺激を受けた RAW 264.7 細胞において、PA は IκB/NF-κB および JNK/AP-1 炎症性シグナル伝達経路を抑制し、プロ炎症性因子 iNOS および COX-2 のレベルを抑制することが示された。カラギーナン誘発マウス後肢浮腫試験では、PAはNO、MDAおよびTNF-α産生などの炎症性メディエーターの産生を阻害することが示された。逆に、SOD, CAT, GPxの抗酸化因子レベルは、PAを投与することで上昇しました。これらのデータから、PA の抗炎症作用は、JNK/AP-1 および IκB/NF-κB シグナル経路の抑制と抗酸化活性のアップレギュレーションによるものである可能性が示唆されました。

Physalin A (PA), a withanolide, was isolated from Physalis angulata L. In this study, it is shown that PA can inhibit the production of inflammatory cytokines such as PGE, NO, IL-1β, IL-6, and TNF-α in LPS-induced RAW 264.7 cells. Furthermore, the results indicated that PA suppressed the IκB/NF-κB and JNK/ AP-1 inflammatory signaling pathways and inhibited the levels of pro-inflammatory factors iNOS and COX-2 in LPS-stimulated RAW 264.7 cells. In the carrageenan-induced mouse hind paw edema study, PA was shown to inhibit the production of inflammatory mediators such as NO, MDA, and TNF-α production. Conversely, the antioxidant factor levels of SOD, CAT, and GPx were all increased by the treated PA. According to the data, we are suggesting that the anti-inflammatory effects of PA may be through the suppressions of the JNK/AP-1 and IκB/NF-κB signaling pathways and up-regulation of the anti-oxidative activity.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.