会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

慢性喫煙における網膜色素上皮のトランスクリプトーム解析から、自然免疫応答の抑制と分化経路の活性化が明らかになった | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Free Radic. Biol. Med..2020 Jul;156:176-189. S0891-5849(20)31092-3. doi: 10.1016/j.freeradbiomed.2020.06.004.Epub 2020-07-04.

慢性喫煙における網膜色素上皮のトランスクリプトーム解析から、自然免疫応答の抑制と分化経路の活性化が明らかになった

Retinal pigment epithelium transcriptome analysis in chronic smoking reveals a suppressed innate immune response and activation of differentiation pathways.

  • Lei Wang
  • Koray D Kaya
  • Sujung Kim
  • Matthew J Brooks
  • Jie Wang
  • Ying Xin
  • Jiang Qian
  • Anand Swaroop
  • James T Handa
PMID: 32634473 DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2020.06.004.

抄録

喫煙は、強力な化学酸化物質の混合物であり、欧米社会において高齢者の失明の最も一般的な原因である加齢黄斑変性症(AMD)を発症する最も強力な環境的危険因子です。集中的な研究にもかかわらず、AMDの病態に関与する中心的な細胞型である網膜色素上皮(RPE)に対する喫煙の完全な影響は未だに不明である。既知の機能不全経路がどの段階で最も病原性が高いのか、あるいは他のプロセスが関連しているのか、AMDへの相対的な寄与度は十分に理解されておらず、さらに喫煙がそれらを活性化するのかどうかも不明である。我々は、潜在的な病原性と細胞保護経路を特定するために、6ヶ月間慢性的なタバコの煙にさらされたC57BL/6JマウスからRPEのグローバルRNAシーケンスを行った。慢性的なタバコの喫煙によって誘導されたRPEのトランスクリプトームは、煙誘発性傷害にもかかわらず、その分化状態を維持するためにRPEによる試みを示唆し、I型およびII型インターフェロンと細胞分化と形態形成遺伝子のクラスタのアップレギュレーションを含む自然免疫応答の顕著な抑制の混合応答を示した。慢性的な煙にさらされたマウスは、AMDの初期症状を発症することを考えると、これらの新しい知見は、老化からAMDへの移行に関連している可能性がある。

Cigarette smoking, a powerful mixture of chemical oxidants, is the strongest environmental risk factor for developing age-related macular degeneration (AMD), the most common cause of blindness among the elderly in western societies. Despite intensive study, the full impact of smoking on the retinal pigment epithelium (RPE), a central cell type involved in AMD pathobiology, remains unknown. The relative contribution of the known dysfunctional pathways to AMD, at what stage they are most pathogenic, or whether other processes are relevant, is poorly understood, and furthermore, whether smoking activates them, is unknown. We performed global RNA-sequencing of the RPE from C57BL/6J mice exposed to chronic cigarette smoke for 6 months to identify potential pathogenic and cytoprotective pathways. The RPE transcriptome induced by chronic cigarette smoking exhibited a mixed response of marked suppression of the innate immune response including type I and II interferons and upregulation of cell differentiation and morphogenic gene clusters, suggesting an attempt by the RPE to maintain its differentiated state despite smoke-induced injury. Given that mice exposed to chronic smoke develop early features of AMD, these novel findings are potentially relevant to the transition from aging to AMD.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.