会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

シアトリコシド/シクロデキストリン複合体を含むin situゲルの開発培養ヒト歯根膜細胞(HPLDCs)での評価。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Pharm.2020 Jul;:119589. S0378-5173(20)30573-1. doi: 10.1016/j.ijpharm.2020.119589.Epub 2020-07-04.

シアトリコシド/シクロデキストリン複合体を含むin situゲルの開発培養ヒト歯根膜細胞(HPLDCs)での評価。

Development of in situ gel containing asiaticoside/cyclodextrin complexes. Evaluation in culture human periodontal ligament cells (HPLDCs).

  • Hay Man Saung Hnin Soe
  • Jittima Amie Luckanagul
  • Prasit Pavasant
  • Phatsawee Jansook
PMID: 32634457 DOI: 10.1016/j.ijpharm.2020.119589.

抄録

シアチコサイド(AS)は、Centella asiaticaから単離された活性ハーブ化合物であり、ヒト歯根膜細胞(HPDLCs)におけるI型コラーゲン(COL I)の合成および骨形成分化を促進する効果が期待されています。しかし、水への溶解度が低く、バイオアベイラビリティーの妨げになる可能性がある。そこで、本研究の目的は、AS/シクロデキストリン(CD)複合体を含む熱応答性in situゲルを開発することであった。非カプセル化製剤はAS/ヒドロキシプロピルβ-CD(HPβCD)錯体からなり、カプセル化製剤はASを担持したスルホブチルエーテルβ-CD/キトサンナノ粒子(SBEβCD/CS NP)を含むものであった。すべての製剤の外観,pH及び粘度は許容範囲内であった。すべての製剤は、体温で模擬唾液と接触させると、比較的急速にゾル-ゲル転移を形成した。カプセル化されていない製剤と比較して,インビトロでのゲル化およびレオロジー研究では,カプセル化された製剤は高い機械的強度を維持したまま長くゲル化していた.in vitroでの粘接着性およびin vitroでの放出試験により、ナノカプセル化されたin situゲルは優れた粘接着性を有し、持続的にASを放出できることが明らかになった。これらの製剤はHPDCLに対して細胞毒性を示さなかった。また,AS含有量の低いSBEβCD/CS NPは,COL I合成を発現することができた.このように、ナノカプセル化されたプラットフォームは、歯周組織再生のためのASを提供するための有望なキャリアとして機能する可能性があります。

Asiaticoside (AS), an active herbal compound isolated from Centella asiatica, has the potential benefit in promoting type I collagen (COL I) synthesis and osteogenic differentiation in human periodontal ligament cells (HPDLCs). However, it has low aqueous solubility which may hamper the bioavailability. Thus, the aim of this study was to develop thermoresponsive in situ gel containing AS/cyclodextrin (CD) complexes. The non-encapsulated formulations consisted of AS/hydroxypropyl β-CD (HPβCD) complexes and encapsulated formulations containing AS loaded sulfobutylether β-CD/chitosan nanoparticles (SBEβCD/CS NPs) were prepared. The appearance, pH and viscosity of all formulations were within the acceptable range. All formulations formed relatively rapid sol-to-gel transition when contacted with simulated salivary fluid at body temperature. Compared to non-encapsulated formulations, in vitro gelation and rheological studies of encapsulated formulations displayed gel formation that remained longer with high mechanical strength. In vitro mucoadhesion and in vitro release studies revealed that nanoencapsulated in situ gel had excellent mucoadhesive property and could release AS in a sustained manner. These formulations exhibited no cytotoxic effects to HPDCLs. The SBEβCD/CS NPs containing low AS content could express the COL I synthesis. Thus, nanoencapsulated platform could serve as a promising carrier to deliver AS for periodontal tissue regeneration.

Copyright © 2020. Published by Elsevier B.V.