国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

治療困難な片頭痛発作の急性期治療におけるラスミディタンの投与2時間後の有効性の評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Headache.2020 Jul;doi: 10.1111/head.13897.Epub 2020-07-07.

治療困難な片頭痛発作の急性期治療におけるラスミディタンの投与2時間後の有効性の評価

Evaluation of 2-Hour Post-Dose Efficacy of Lasmiditan for the Acute Treatment of Difficult-to-Treat Migraine Attacks.

  • Stewart J Tepper
  • Raghavendra Vasudeva
  • John H Krege
  • Suchitrita S Rathmann
  • Erin Doty
  • Bert B Vargas
  • Delphine Magis
  • Mika Komori
PMID: 32634275 DOI: 10.1111/head.13897.

抄録

目的:

個々の患者の特性、片頭痛疾患の特性、および片頭痛発作の特性に基づいて、ラスミディタンに対する反応性(2時間の頭痛疼痛の自由度または最も厄介な症状の自由度)を予測する因子を同定することを目的とした。さらに、治療困難な患者/片頭痛疾患の特徴または発作の特徴(すなわち、歴史的に特定の急性治療に対する反応性が低いと考えられてきた)のサブグループにおける有効性を分析しました。

OBJECTIVE: To identify factors predicting response (2-hour headache pain freedom or most bothersome symptom freedom) to lasmiditan based on individual patient characteristics, migraine disease characteristics, and migraine attack characteristics. Further, efficacy specifically in difficult-to-treat patient/migraine disease characteristics or attack characteristics (ie, historically considered less responsive to certain acute therapies) subgroups was analyzed.

背景:

急性期治療に対する反応の良し悪しに関連する因子を知ることは、片頭痛の急性期治療を処方する開業医にとって有用である。さらに、片頭痛の疾患特性および片頭痛発作の特性を持つ患者のサブグループにおいて、痛みの閾値の低下、急性治療の効果の低下、または片頭痛の負担の増加と歴史的に関連したラスミディタンの有効性を理解することは、開業医および患者にとって有益であろう。

BACKGROUND: Knowledge of factors associated with a positive or negative response to acute treatment would be useful to practitioners prescribing acute treatments for migraine. Additionally, practitioners and patients would benefit from understanding the efficacy of lasmiditan specifically in subgroups of patients with migraine disease characteristics and migraine attack characteristics historically associated with decreased pain threshold, reduced efficacy of acute treatment, or increased burden of migraine.

方法:

2つの第3相二重盲検臨床試験(SPARTAN試験およびSAMURAI試験)のプール解析が完了しました。ラスミディタン(50、100、または200mg)またはプラセボを服用してから2時間後までのベースラインからのデータを解析し、患者さんの特徴、片頭痛疾患の特徴、および片頭痛発作の特徴に基づいて有効性を評価しました。治療意図集団を構成する合計3981人の患者さんをプラセボ(N=1130)、ラスミディタン50mg(N=598)、ラスミディタン100mg(N=1133)、またはラスミディタン200mg(N=1120)で治療しました。2時間後の以下の有効性評価指標である「頭痛疼痛の自由度」および「最も厄介な症状の自由度」についてデータ解析を行った。

METHODS: Pooled analyses were completed from 2 Phase 3 double-blind clinical trials, SPARTAN and SAMURAI. Data from baseline to 2 hours after taking lasmiditan (50, 100, or 200 mg) or placebo were analyzed to assess efficacy based on patient characteristics, migraine disease characteristics, and migraine attack characteristics. A total of 3981 patients comprising the intent-to-treat population were treated with placebo (N = 1130), lasmiditan 50 mg (N = 598), lasmiditan 100 mg (N = 1133), or lasmiditan 200 mg (N = 1120). Data were analyzed for the following efficacy measures at 2 hours: headache pain freedom and most bothersome symptom freedom.

結果:

個々の患者特性、片頭痛疾患特性、または片頭痛発作特性に基づいて分析されたサブグループのいずれも、ラスミディタン治療後2時間後の頭痛の痛みの自由度または最も厄介な症状の自由度の反応を予測しなかった(相互作用P≥1)。治療困難な患者/片頭痛疾患特性のサブグループ(過去3ヵ月間に頭痛日数が24日以上、片頭痛歴の持続期間≧0.5日以上の患者と定義される)については、ラスミディタン治療後2時間で頭痛疼痛の自由度または最も重篤な症状の自由度を予測した(相互作用P=2265;.1)。20years、重度の障害[片頭痛障害評価スコア≧21]、肥満[30kg/m以上]、および精神疾患の既往歴のある人と定義)では、ラズミディタン単回投与量(100mgまたは200mg)は、プラセボよりも両エンドポイントの達成に有意に有効であった(P≦.002)。002)の両エンドポイントを達成しました。ラスミディタンの高用量の頭痛疼痛自由度反応率は、低用量のラスミディタンよりも数値的に大きかった。治療困難な片頭痛発作サブグループ、重度の頭痛を有する患者、治療時に吐き気を併発している患者、または頭痛発症時から2時間以上治療を遅らせた患者では、ラスミディタン100mgまたは200mg投与後の両エンドポイント奏効率がプラセボ投与後に比べて有意に高くなりました。頭痛発症時から4時間以上治療を遅らせた人のうち、ラスミディタン200mg投与群の頭痛疼痛自由度反応率は、プラセボ群と比較して統計的に有意であった(32.4%対15.9%;オッズ比=2.7 [1.17, 6.07]; P=0.018)。反応予測相互作用検定では、治療時のベースラインの機能障害(軽度、中等度、または完全なベッドレストを必要とする)で定義されたサブグループにおいて、ラスミディタンとプラセボの有効性は同等であったが、「完全なベッドレストを必要とする」サブグループ内でのラスミディタンの有効性の解析では、有効性が低いように思われた(例えば、200mg対プラセボ群では、25.9%対18.5%;オッズ比=1.56 [0.96, 2.53]; P=0.070)。

RESULTS: None of the analyzed subgroups based on individual patient characteristics, migraine disease characteristics, or migraine attack characteristics predicted headache pain freedom or most bothersome symptom freedom response at 2 hours following lasmiditan treatment (interaction P ≥ .1). For the difficult-to-treat patient/migraine disease characteristics subgroups (defined as those with ≥24 headache days in the past 3 months, duration of migraine history ≥20 years, severe disability [Migraine Disability Assessment score ≥21], obesity [≥30 kg/m ], and history of psychiatric disorder), single doses of lasmiditan (100 or 200 mg) were significantly more effective than placebo (P ≤ .002) in achieving both endpoints. Headache pain freedom response rates for higher doses of lasmiditan were numerically greater than for lower doses of lasmiditan. For the difficult-to-treat migraine attack subgroups, patients with severe headache, co-existent nausea at the time of treatment, or who delayed treatment for ≥2 hours from the time of headache onset, both endpoint response rates after lasmiditan 100 or 200 mg were significantly greater than after placebo. Among those who delayed treatment for ≥4 hours from the time of headache onset, headache pain freedom response rates for the 200 mg dose of lasmiditan met statistical significance vs placebo (32.4% vs 15.9%; odds ratio = 2.7 [1.17, 6.07]; P = .018). While the predictors of response interaction test showed similar efficacy of lasmiditan vs placebo across subgroups defined by baseline functional disability (mild, moderate, or needs complete bed rest) at the time of treatment, analyses of lasmiditan efficacy within the subgroup "needs complete bed rest" appeared to show less efficacy (eg, in the 200 mg vs placebo group, 25.9% vs 18.5%; odds ratio = 1.56 [0.96, 2.53]; P = .070).

結論:

ラスミディタン200および100mgの治療後2時間における頭痛疼痛の自由度および最も煩わしい症状の自由度に対する有効性は、解析された患者個人の特徴、片頭痛の病歴、または片頭痛発作の特徴には概ね影響されなかった。治療が困難なサブグループの解析では、ラスミディタンを投与された患者は、プラセボを投与された患者と比較して、より大きな反応(2時間後の頭痛疼痛の自由度と最も厄介な症状の自由度)を達成した。

CONCLUSIONS: Efficacy of lasmiditan 200 and 100 mg for headache pain freedom and most bothersome symptom freedom at 2 hours post-treatment was generally not influenced by the individual patient characteristics, migraine disease history, or migraine attack characteristics that were analyzed. In the analyses of difficult-to-treat subgroups, patients receiving lasmiditan achieved greater responses (2-hour headache pain freedom and most bothersome symptom freedom) vs placebo recipients.

© 2020 Eli Lilly and Company. Headache: The Journal of Head and Face Pain published by Wiley Periodicals LLC, on behalf of American Headache Society.