会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ジンバブエのハラレにある2つの第3次病院において、HIV感染症治療のためにテノフォビルジソプロキシルフマル酸塩を投与されているHIV感染児の近位腎尿細管機能。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS ONE.2020;15(7):e0235759. PONE-D-19-35784. doi: 10.1371/journal.pone.0235759.Epub 2020-07-07.

ジンバブエのハラレにある2つの第3次病院において、HIV感染症治療のためにテノフォビルジソプロキシルフマル酸塩を投与されているHIV感染児の近位腎尿細管機能。

Proximal renal tubular function in HIV-infected children on tenofovir disoproxil fumarate for treatment of HIV infection at two tertiary hospitals in Harare, Zimbabwe.

  • Runyararo Mashingaidze-Mano
  • Mutsawashe F Bwakura-Dangarembizi
  • Charles C Maponga
  • Gene D Morse
  • Tsitsi G Monera-Penduka
  • Takudzwa J Mtisi
  • Tinashe Mudzviti
  • Hilda A Mujuru
PMID: 32634168 DOI: 10.1371/journal.pone.0235759.

抄録

背景:

HIV感染児の腎異常は、他の要因の中でもHIV感染や治療が原因である可能性があります。テノフォビルジソプロキシルフマル酸塩(TDF)は近位腎尿細管機能障害、蛋白尿、糸球体機能の低下と関連している。先進国の研究では、TDFを投与されている小児における近位腎尿細管機能障害の有病率は様々であることが示されている。ジンバブエを含む発展途上国では、TDFを使用しているHIV感染児の近位尿細管機能を記録した研究は知られていない。本研究の目的は、TDFを投与されているHIV感染児の腎機能および近位尿細管機能を評価し、近位尿細管機能障害に関連する因子を明らかにすることであった。

BACKGROUND: Renal abnormalities in HIV infected children may be due to the HIV infection or treatment among other factors. Tenofovir disoproxil fumarate (TDF) is associated with proximal renal tubular dysfunction, proteinuria and decrease in glomerular function. Studies in developed countries have shown variable prevalence of proximal renal tubular dysfunction in children on TDF. There are no known studies in developing countries, including Zimbabwe, documenting the proximal tubular function in HIV infected children on TDF. The aim of this study was to assess renal and proximal renal tubular function in HIV infected children receiving TDF and determine factors associated with proximal tubular dysfunction.

方法:

Harareの2つの第3次病院の外来診療所に通院している18歳以下のHIV感染者で,少なくとも6ヶ月間TDFを含む抗レトロウイルス剤を投与されている患者を対象に,記述的横断的研究を実施した.滴下式蛋白質およびグルコース、血清および尿中リン酸塩およびクレアチニン値を測定した。リン酸塩の分画排泄量を算出した。推定糸球体濾過率(eGFR)をSchwartz式を用いて算出した。尿細管機能障害は、以下の特徴のうち少なくとも2つによって定義された:正常血糖値の糖尿、低リン酸血症、およびリン酸塩の分画排泄量が18%以上であった。

METHODS: A descriptive cross-sectional study was conducted in HIV infected patients below 18 years of age attending outpatient clinics at two tertiary hospitals in Harare, who received a TDF-containing antiretroviral regimen for at least six months. Dipstick protein and glucose, serum and urine phosphate and creatinine levels were measured. Fractional excretion of phosphate was calculated. Estimated glomerular filtration rate (eGFR) was calculated using the Schwartz formula. Tubular dysfunction was defined by at least two of the following characteristics: normoglycaemic glycosuria, hypophosphatemia and fractional excretion of phosphate > 18%.

発見事項:

18歳未満の小児百九十八人を、6ヶ月間にわたって募集した。尿細管機能障害の有病率は0.5%であった。正常血糖値は 1 例(0.5%)に、リン酸塩の分画排泄量が 18%を超えるものは 4 例(2%)に、低リン酸血症は 22 例(11.1%)に発生した。重度の発育阻害は低リン酸血症のリスク増加と関連していた(OR 9.31 CI(1.18、80.68)p = 0.03)。推定糸球体濾過率(eGFR)の低下(90ml/min/1.73m2未満)および蛋白尿は、それぞれ35.9%および32.8%の小児で明らかであった。TDFとHIV-1プロテアーゼ阻害薬をベースとしたレジメンの同時投与は、GFRの低下と関連する唯一の独立因子であった(OR 4.43 CI(1.32; 4.89)p = 0.016)。

FINDINGS: One hundred and ninety-eight children below 18 years of age were recruited over a period of six months. The prevalence of tubular dysfunction was 0.5%. Normoglycaemic glycosuria occurred in 1 (0.5%), fractional excretion of phosphate >18% in 4 (2%), and hypophosphatemia in 22 [11.1%] patients. Severe stunting was associated with increased risk of hypophosphatemia (OR 9.31 CI (1.18, 80.68) p = 0.03). Reduction in estimated glomerular filtration rate (eGFR) < 90ml/min/1.73m2 and proteinuria was evident in 35.9% and 32.8% of children, respectively. Concurrent TDF and HIV-1 protease inhibitor-based regimen was the only independent factor associated with reduction in GFR (OR 4.43 CI (1.32; 4.89) p = 0.016).

結論:

TDFをベースとしたARTレジメンを受けているジンバブエの小児では、尿細管機能障害はまれであった。低リン血症、蛋白尿、eGFRの低下は一般的であった。TDFの長期忍容性を調べるためには、より感度の高いバイオマーカーを用いて腎機能を再評価する必要がある。

CONCLUSION: Tubular dysfunction was uncommon in Zimbabwean children on a TDF-based ART regimen. Hypophosphatemia, proteinuria and reduction in eGFR were common. Reassessing renal function using more sensitive biomarkers is needed to examine the long-term tolerance of TDF.