会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Cynomolgus Monkeysにおけるコンドリアーゼによる選択的化学核酸分解 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Toxicol Pathol.2020 Jul;48(5):656-668. doi: 10.1177/0192623320928006.

Cynomolgus Monkeysにおけるコンドリアーゼによる選択的化学核酸分解

Selective Chemonucleolysis With Condoliase in Cynomolgus Monkeys.

  • Dai Muramatsu
  • Hiroaki Yamaguchi
  • Yuka Minamisawa
  • Aisuke Nii
PMID: 32633701 DOI: 10.1177/0192623320928006.

抄録

グリコサミノグリカン分解酵素コンドリアーゼの選択的化学核酸分解作用をカイノモルグースサルの病理組織学的に検討した。コンドリアーゼをランバー椎間板(IVD)に1回投与し、比較対照としてタンパク質分解酵素であるキモパパインを同様に投与した。投与後1~26週目にIVDと隣接椎体(VB)の病理組織学的変化を調べた。コンドリアーゼにより誘発されたIVDの主な変化は,椎体核,線維輪,軟骨端板(CEP),骨端板(EGP)の変性および壊死,EGPの局所消失,CEPの新生血管化および骨化であった.VBでは新たな骨形成を伴う骨髄細胞の減少・壊死が認められた。IVDでは、4週目以降の回復変化として細胞再生が観察された。IVDとVBの変化は26週目に沈静化した。キモパパインは質的には類似しているが、より広範囲に変化を誘導した。IVDとVBの変化の程度はコンドリアーゼの変化よりも激しく、26週目でも変化は悪化していた。これらの結果から、コンドリアーゼによる病理組織学的変化は、キモパパインによる変化よりも重症度が低く、選択的であることが示唆された。

Selective chemonucleolytic effects of condoliase, a glycosaminoglycan degrading enzyme, was investigated histopathologically in cynomolgus monkeys. Condoliase was administered once into the lumber intervertebral disc (IVD), and as a comparative control, chymopapain, a proteolytic enzyme, was administered in a similar manner. Histopathological changes of the IVD and the adjacent vertebral body (VB) were examined at 1 to 26 weeks after administration. Major changes induced by condoliase in the IVD were degenerative and necrotic changes in the nucleus pulposus, annulus fibrosus, cartilaginous endplate (CEP), and epiphyseal growth plate (EGP); focal disappearance of the EGP; and neovascularization and ossification of the CEP. Decreased/necrosis of bone marrow cells with new bone formation was observed in the VB. Cellular regeneration in the IVD was observed as a recovery changes on and after week 4. The changes in the IVD and VB subsided at week 26. Chymopapain induced qualitatively similar but more widely extended changes. The degrees of the changes in the IVD and VB were more severe than those of condoliase, and the changes were exacerbated even at week 26. These results indicated that histopathological changes caused by condoliase were less severe and more selective than those by chymopapain.