会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

小児多発性硬化症患者におけるリンパ球数の時間的プロファイルとフィンゴリモド療法による感染症との関連。PARADIG試験の結果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mult. Scler..2020 Jul;:1352458520936934. doi: 10.1177/1352458520936934.Epub 2020-07-07.

小児多発性硬化症患者におけるリンパ球数の時間的プロファイルとフィンゴリモド療法による感染症との関連。PARADIG試験の結果

Temporal profile of lymphocyte counts and relationship with infections with fingolimod therapy in paediatric patients with multiple sclerosis: Results from the PARADIG study.

  • Tanuja Chitnis
  • Brenda Banwell
  • Lauren Krupp
  • Douglas L Arnold
  • Amit Bar-Or
  • Wolfgang Brück
  • Gavin Giovannoni
  • Benjamin Greenberg
  • Angelo Ghezzi
  • Emmanuelle Waubant
  • Kevin Rostasy
  • Kumaran Deiva
  • Peter Huppke
  • Jerry S Wolinsky
  • Ying Zhang
  • Amin Azmon
  • Annik K-Laflamme
  • Rajesh Karan
  • Jutta Gärtner
PMID: 32633694 DOI: 10.1177/1352458520936934.

抄録

背景:

フィンゴリモド治療により、絶対リンパ球数(ALC)の低下が期待されます。

BACKGROUND: Reduction in absolute lymphocyte count (ALC) is expected with fingolimod treatment.

目的:

4 年以内の小児発症型多発性硬化症(POMS)における ALC に対するフィンゴリモド 0.5mg と筋肉内インターフェロン β-1a(30μg)の効果、および感染症との関係を評価すること。

OBJECTIVE: To evaluate the effect of fingolimod 0.5 mg versus intramuscular interferon β-1a (30 μg) on ALC and its relationship with infections in paediatric-onset multiple sclerosis (POMS) up to 4 years.

方法:

第3相PARADIG試験のベースライン時、3ヶ月まで毎月、3ヶ月ごとにALCを評価した(コア期)と、周期性を変えて評価した(延長期)。感染症関連有害事象(AE)の発生率(IR)/100患者年を、オンスタディ直下ALCで分析した。

METHODS: We assessed ALC at baseline, monthly till 3 months, and every 3 months (core phase) and with variable periodicity (extension phase) of Phase 3 PARADIG study ( = 215). Incidence rates (IRs) of infection-related adverse events (AEs)/100 patient-years were analysed by on-study nadir ALC.

結果:

フィンゴリモドでは,ALC は 2 週間以内にベースライン値の 29.9~34.4%まで急速に低下し,その後も安定していたが,インターフェロンでは変化は認められなかった.AEの発現率はフィンゴリモッドで67.6%,インターフェロンで61.8%であり,インターフェロンの発現率は全体で1.09,ALC 0.2~0.4×10/L未満で1.13,0.4×10/L以上で0.91であった。3例はALC<0.2×10/L(コア期)が1回であった。日和見感染は認められず,延長期では感染リスクの増加は認められなかった.

RESULTS: With fingolimod, ALC rapidly reduced to 29.9%-34.4% of baseline values within 2 weeks and remained stable thereafter; no relevant changes observed with interferon. IRs of AEs were 67.6 with fingolimod and 61.8 with interferon; IR ratios with respect to interferon, overall: 1.09, by nadir ALC 0.2-0.4 × 10/L: 1.13 and >0.4 × 10/L: 0.91. Three patients had a single episode of ALC <0.2 × 10/L (core phase). No opportunistic infections were observed and infection risk did not increase during the extension phase.

結論:

小児患者では、感染症の全体的な発生率はフィンゴリモドとインターフェロンの間で同程度であった。サンプルサイズが小さすぎたために関連性が認められなかったかもしれませんが、POMSにおけるNadir ALCと感染症との間には関連性は認められませんでした。

CONCLUSION: In paediatric patients, the overall incidence of infections was comparable between fingolimod and interferon. No association was observed between nadir ALC and infections in POMS, although sample size may have been too small to rule an association.