会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ブロモピリリウム誘導体化は、モノアミン神経伝達物質と低分子神経活性化合物の質量分析イメージングによる同定を容易にします。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Am. Soc. Mass Spectrom..2020 Jul;doi: 10.1021/jasms.0c00166.Epub 2020-07-07.

ブロモピリリウム誘導体化は、モノアミン神経伝達物質と低分子神経活性化合物の質量分析イメージングによる同定を容易にします。

Bromopyrylium derivatization facilitates identification by mass spectrometry imaging of monoamine neurotransmitters and small molecule neuroactive compounds.

  • Reza Shariatgorji
  • Anna Nilsson
  • Nicole Strittmatter
  • Theodosia Vallianatou
  • Xiaoqun Zhang
  • Per Svenningsson
  • Richard J A Goodwin
  • Per E Andren
PMID: 32633532 DOI: 10.1021/jasms.0c00166.

抄録

最近では、マトリックス支援レーザー脱離イオン化および脱離エレクトロスプレーイオン化を用いた質量分析イメージングが、脳組織切片中の生体アミンやアミノ酸を含む神経伝達物質の分布を直接調べるために採用されています。イオン化は、組織切片中の神経伝達物質を直接含む一次アミンをピリリウム誘導体化することで電荷を付加することで容易になり、検出限界を大幅に向上させることができます。誘導体化は、標的化合物に炭素と水素を付加するため、生成物の同位体パターンスは、誘導体化されていない種のものとは区別されません。ここでは、反応性ピリリウムイオンを化学的に修飾して、組織切片中の化学的に誘導体化された物質のマススペクトルに臭素の特徴的な同位体シグネチャを導入するためのアプローチについて述べる。この方法は、モノアミン化合物を組織切片中で直接区別することができ、その同定を容易にします。

Mass spectrometry imaging using matrix-assisted laser desorption/ionization and desorption electrospray ionization has recently been employed to investigate the distribution of neurotransmitters, including biogenic amines and amino acids, directly in brain tissue sections. Ionization is facilitated by charge-tagging through pyrylium derivati-zation of primary amine containing neurotransmitters directly in tissue sections, significantly improving the limit of detection. Since the derivatization adds carbon and hydrogen to the target compounds, the resulting isotopic pat-terns of the products are not distinctive from those of the non-derivatized species. Here, we describe an approach for chemically modifying the reactive pyrylium ion to introduce the distinct isotopic signature of bromine in mass spectra of chemically derivatized substances in tissue sections. The method enables monoamine compounds to be distinguished directly in tissue sections, facilitating their identification.