会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

仕事上のストレス、CLOCK遺伝子多型、およびそれらの相互作用と睡眠の質の低下との関連。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Sleep Res.2020 Jul;:e13133. doi: 10.1111/jsr.13133.Epub 2020-07-07.

仕事上のストレス、CLOCK遺伝子多型、およびそれらの相互作用と睡眠の質の低下との関連。

Association of job stress, CLOCK gene polymorphism and their interaction with poor sleep quality.

  • Yuling Li
  • Zeyuan Cao
  • Shuang Wu
  • Chao Wang
  • Shuchang He
  • Yan Dong
  • Xiangyang Zhang
PMID: 32633440 DOI: 10.1111/jsr.13133.

抄録

仕事のストレスとCircadian Locomotor Output Cycles Kaput(CLOCK)遺伝子は概日リズムと睡眠の質に影響を与える可能性がある。本研究の主な目的は、これまで報告されていない中国漢民族の非臨床集団を対象に、仕事上のストレス、CLOCK遺伝子多型、およびそれらと睡眠の質との関連を調査することであった。横断的デザインを用いて、北京で450人の被験者を募集した。睡眠の質はPittsburgh Sleep Quality Index(PSQI)で測定し、仕事のストレスはWork Stress Scaleで測定した。297 人の血液サンプルで CLOCK 遺伝子 rs11932595 多型をジェノタイピングした。相関分析の結果、高い仕事上のストレスとPSQIおよびその構成要素との間には、緊密ではあるが異なる関連性が認められた。分散分析の結果、CLOCK 遺伝子 rs11932595 多型の有意な主効果が示された。GアレルキャリアはPSQI、睡眠時間、睡眠潜時、睡眠障害のスコアが高かった。さらに相互作用解析を行ったところ、睡眠時間については順序的な相互作用が、日中機能障害については不調和的な相互作用が認められた。具体的には、Gアレルキャリアは高ストレス時にはAAホモ接合体よりも低い睡眠持続時間を示したが、低ストレス時には2つのサブグループは同程度の睡眠持続時間を示し、ディアテーゼ-ストレスモデルに適合していた。Gアレルキャリアと比較して、AAホモ接合体では、低ストレス時には日中の機能障害が少なく、高ストレス時には日中の機能障害が多かった。遺伝的な関連性が明らかになったことから、睡眠の質の病因の解明や、質の高い睡眠を得るための介入の対象となる可能性がある。

Job stress and the Circadian Locomotor Output Cycles Kaput (CLOCK) gene could affect circadian rhythm and sleep quality. The main aim of our present study was to investigate the association of job stress, CLOCK gene polymorphism and their interaction with sleep quality in a non-clinical Chinese Han population, which has not been reported to date. Using a cross-sectional design, 450 subjects were recruited in Beijing. Sleep quality was measured with the Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI) and job stress was measured with the Work Stress Scale. CLOCK gene rs11932595 polymorphism was genotyped in 297 blood samples. Correlation analysis showed a close but different association of high job stress with the PSQI and its components. Analysis of variance showed significant main effects of the CLOCK gene rs11932595 polymorphism. G-allele carriers had a higher score in the PSQI, sleep duration, sleep latency and sleep disturbances. Further interaction analyses showed an ordinal interaction on sleep duration, and a disordinal interaction on daytime dysfunction. Specifically, G-allele carriers had poorer sleep duration than AA homozygotes when in high job stress, while the two subgroups displayed similar sleep duration when in low job stress, conforming to the diathesis-stress model. In comparison to G-allele carriers, AA homozygotes experienced less daytime dysfunction when in low job stress whereas more daytime dysfunction when in high job stress, fitting with the differential susceptibility model. As genetic links have been revealed, our investigation might be conducive for elucidating aetiological factors for sleep quality and targets for implementing interventions to attain good sleep quality.

© 2020 European Sleep Research Society.