会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

胸部大動脈瘤ラットにおけるmiR-22-3pとMMP-9の発現変化とその意義。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur Rev Med Pharmacol Sci.2020 Jun;24(12):6949-6954. 21686. doi: 10.26355/eurrev_202006_21686.

胸部大動脈瘤ラットにおけるmiR-22-3pとMMP-9の発現変化とその意義。

Changes in expressions of miR-22-3p and MMP-9 in rats with thoracic aortic aneurysm and their significance.

  • H-M Zhao
  • L Jin
  • Y Liu
  • X Hong
PMID: 32633388 DOI: 10.26355/eurrev_202006_21686.

抄録

目的:

本研究の目的は、胸部大動脈瘤ラットにおけるマイクロリボ核酸(miR)-22-3pとマトリックスメタロプロテアーゼ-9(MMP-9)の発現変化とその意義を探ることであった。

OBJECTIVE: The purpose of this study was to explore the changes in the expressions of micro ribonucleic acid (miR)-22-3p and matrix metalloproteinase-9 (MMP-9) in rats with thoracic aortic aneurysm (TAA) and their significance.

材料および方法:

特定病原体を含まないSprague-Dawley雌ラット16匹を、正常群(n=8)とアンジオテンシンII(Ang II)群(n=8)に無作為に分けた。Ang II群ではマイクロポンプを用いてAng IIを灌流し、正常群では同量の正常生理食塩水を灌流した。連続介入後、胸部大動脈の腫瘍形成速度を観察し、両群ともに逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)によりmiR-22-3pの発現を検出した。他の16匹のラットを選択し、無作為にagomiR-22-3p群(n=8)と対照群(n=8)に分けた。agomiR-22-3p群では、agomiR-22とAng IIを角静脈を介して連続的に注入した。対照群では、agomiR陰性対照を注射し、Ang IIを連続的に灌流した。4週間の介入後、胸部大動脈の腫瘍形成率を観察し、両群ともに免疫蛍光および免疫組織化学によりMMP-9の発現を決定した。

MATERIALS AND METHODS: A total of 16 specific pathogen-free Sprague-Dawley female rats were randomly divided into normal group (n=8) and angiotensin II (Ang II) group (n=8). Ang II was perfused using the micro pump in Ang II group, while the same amount of normal saline was perfused in the normal group. After continuous intervention, the tumor formation rate in the thoracic aorta was observed, and the expression of miR-22-3p was detected via Reverse Transcription-Polymerase Chain Reaction (RT-PCR) in both groups. Other 16 rats were selected and randomly divided into agomiR-22-3p group (n=8) and control group (n=8). In the agomiR-22-3p group, agomiR-22 and Ang II were continuously injected via angular vein. In the control group, agomiR negative control was injected, and Ang II was continuously perfused. After intervention for 4 weeks, the tumor formation rate in the thoracic aorta was observed, and the expression of MMP-9 was determined via immunofluorescence and immunohistochemistry in both groups.

結果:

4週間の介入後、Ang II群では正常群に比べてmiR-22-3pの発現が有意に低下した(p<0.05)。4週間の薬剤投与後、agomiR-22-3p群は対照群に比べて腫瘍形成率が低く(p<0.05)、MMP-9の発現も低かった(p<0.05)。

RESULTS: After intervention for 4 weeks, the expression of miR-22-3p in Ang II group was significantly lower than that in normal group (p<0.05). After drug administration for 4 weeks, agomiR-22-3p group had a lower tumor formation rate (p<0.05) and a lower expression of MMP-9 than the control group (p<0.05).

結論:

TAAラットではmiR-22-3pの発現が低下し、miR-22-3pはMMP-9の発現を阻害することで、ラットにおけるTAAの形成を抑制することができる。

CONCLUSIONS: The expression of miR-22-3p declines in TAA rats, and miR-22-3p can inhibit the expression of MMP-9, thus suppressing the formation of TAA in rats.