会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

低侵襲ハイブリッド手術。確定的化学放射線療法後の胸部食道癌の局所再発に対するサルベージ腫瘍摘出術。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Asian J Endosc Surg.2020 Jul;doi: 10.1111/ases.12830.Epub 2020-07-06.

低侵襲ハイブリッド手術。確定的化学放射線療法後の胸部食道癌の局所再発に対するサルベージ腫瘍摘出術。

Minimally invasive hybrid surgery: A salvage tumor enucleation for local recurrence of thoracic esophageal carcinoma after definitive chemoradiotherapy.

  • Jun Kanamori
  • Seiichiro Abe
  • Daisuke Kurita
  • Koshiro Ishiyama
  • Yuki Hirano
  • Junya Oguma
  • Ichiro Oda
  • Yutaka Saito
  • Hiroyuki Daiko
PMID: 32633076 DOI: 10.1111/ases.12830.

抄録

食道癌に対する確定的化学放射線療法後の局所再発は予後不良と関連している。サルベージ食道切除術は長期生存の可能性がある標準的な治療法であるが、この手術は高い罹患率と死亡率と関連している。低侵襲ハイブリッド手術(MIHS)は胸腔鏡下手術と食道鏡下手術を用い、一般的に良性食道粘膜下腫瘍の治療に用いられる。胸部食道癌の64歳男性が、化学放射線療法の確定後に局所再発を経験した。この男性はMIHSを受け、術後18日目に軽度の狭窄を認めて退院した。病理学的所見では扁平上皮癌であり、切除縁には腫瘍が残存しておらず、術後24ヵ月後も再発は認められなかった。ここでは、化学放射線治療後の食道癌の局所再発に対するサルベージ腫瘍摘出術としてMIHSが成功した症例について報告する。

Local recurrence after definitive chemoradiation for esophageal carcinoma is associated with poor outcomes. Although salvage esophagectomy is a standard treatment that offers a chance of long-term survival, the procedure is associated with high morbidity and mortality. Minimally invasive hybrid surgery (MIHS) employs thoracoscopic and esophagoscopic procedures and is generally used to treat benign esophageal submucosal tumors. A 64-year-old man with thoracic esophageal carcinoma experienced local relapse after definitive chemoradiation. He underwent MIHS and was discharged 18 days after surgery with a slight degree of stricture. Pathological findings revealed squamous cell carcinoma with no residual tumor in the resection margins, and the patient remains free from cancer relapse 24 months after surgery. Here, we report the findings in this patient, in whom MIHS was successfully performed as a salvage tumor enucleation for local recurrence of esophageal carcinoma after definitive chemoradiotherapy.

© 2020 Japan Society for Endoscopic Surgery, Asia Endosurgery Task Force and John Wiley & Sons Australia, Ltd.