会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Polygonatum kingianumから分離された新規ポティウイルスの完全ゲノム配列 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arch. Virol..2020 Jul;10.1007/s00705-020-04717-0. doi: 10.1007/s00705-020-04717-0.Epub 2020-07-06.

Polygonatum kingianumから分離された新規ポティウイルスの完全ゲノム配列

Complete genome sequence of a novel potyvirus isolated from Polygonatum kingianum.

  • Zeli Chen
  • Rex Frimpong Anane
  • Zhe Wang
  • Linyi Yang
  • Lu Chen
  • Guosong Wen
  • Mingfu Zhao
PMID: 32632824 DOI: 10.1007/s00705-020-04717-0.

抄録

中国のPolygonatum kingianumに感染しているPolygonatum kingianumウイルス1(PKgV1)の完全ゲノム配列が決定された(GenBank accession no. MK427056)。PKgV1は、ポチウイルスに典型的なゲノム構造を有し、単一の大きなオープンリーディングフレーム(nt 123-9236)が3037-aaのポリタンパク質をコードしており、このポリタンパク質は、ウイルスがコードするプロテアーゼによって10個の成熟タンパク質に切断されることが予測されている。比較配列解析により、PKgV1の9つの開裂部位といくつかの保存モチーフが同定された。その結果、PKgV1ポリタンパク質はポティウイルス属のメンバーと52.0~56.2%のヌクレオチドおよび49.2~52.8%のアミノ酸配列の同一性を共有していることが明らかになった。系統解析の結果、PKgV1はポティウイルス属に属し、レタスモザイクウイルス(LMV、アクセッション番号KJ161186)とは近縁ではあるが区別されることが明らかになった。これらの結果から、Polygonatum kingianum virus 1 (PKgV1)は、ポティウイルス科ポティウイルス属の新しいメンバーであることが示唆された。

The complete genome sequence of a putative novel potyvirus, tentatively named "Polygonatum kingianum virus 1" (PKgV1), infecting Polygonatum kingianum in China was determined (GenBank accession no. MK427056). PKgV1 has a genome organization that is typical of potyviruses, with a single large open reading frame (nt 123-9236) that encodes a 3037-aa polyprotein that is predicted to be cleaved into 10 mature proteins by virus-encoded proteases. Nine cleavage sites and several conserved motifs were identified in PKgV1 by comparative sequence analysis. Pairwise comparisons revealed that the PKgV1 polyprotein shares 52.0-56.2% nucleotide and 49.2-52.8% amino acid sequence identity with members of the genus Potyvirus. Phylogenetic analysis indicated that PKgV1 clustered with members of the genus Potyvirus and that it is closely related to but distinct from lettuce mosaic virus (LMV, accession no. KJ161186). These results suggest that Polygonatum kingianum virus 1 (PKgV1) is a new member of the genus Potyvirus of the family Potyviridae.