国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

甲状腺機能と全死因死亡および心血管死亡のリスク:プロスペクティブ集団ベースのコホート研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Endocrine.2020 Jul;10.1007/s12020-020-02397-z. doi: 10.1007/s12020-020-02397-z.Epub 2020-07-06.

甲状腺機能と全死因死亡および心血管死亡のリスク:プロスペクティブ集団ベースのコホート研究

Thyroid function and risk of all-cause and cardiovascular mortality: a prospective population-based cohort study.

  • Dion Groothof
  • Jose L Flores-Guerrero
  • Ilja M Nolte
  • Hjalmar R Bouma
  • Eke G Gruppen
  • Arjola Bano
  • Adrian Post
  • Jenny E Kootstra-Ros
  • Eelko Hak
  • Jens H J Bos
  • Martin H de Borst
  • Reinold O B Gans
  • Thera P Links
  • Robin P F Dullaart
  • Stephan J L Bakker
PMID: 32632723 DOI: 10.1007/s12020-020-02397-z.

抄録

目的:

甲状腺ホルモンは心血管生理学に疑いの余地なく関与しているが、甲状腺機能の基準範囲内での変動が心血管疾患(CVD)に与える影響は依然として不明である。このことを解明することは、予防的治療を促進し、世界的なCVDの負担を軽減する可能性があるため、重要である。そこで我々は、甲状腺機能の参照範囲内変動が全原因死亡率および心血管疾患死亡率に及ぼす影響を調査した。

PURPOSE: Although thyroid hormones are irrefutably implicated in cardiovascular physiology, the impact of within-reference range variations of thyroid function on cardiovascular disease (CVD) remains unclear. Elucidating this is important, since it could foster preventive treatment and reduce global CVD burden. We therefore investigated the impact of within-reference range variations of thyroid function on all-cause and cardiovascular mortality.

方法:

我々は、プロスペクティブなコホート研究から28~75歳の地域居住者を対象とし、甲状腺に影響を与える治療の使用が知られておらず、サイロトロピンが基準範囲内であった。甲状腺機能と死亡率との関連を Cox モデルを用いて定量化し、社会遺伝学的および心血管リスク因子で調整した。

METHODS: We included community-dwelling individuals aged 28-75 years from a prospective cohort study, without known use of thyroid-affecting therapy and with thyrotropin within reference range. Associations of thyroid function with mortality were quantified using Cox models and adjusted for sociodemographic and cardiovascular risk factors.

結果:

参加者6,054人(男性52.0%)の平均(SD)年齢は53.3歳(12.0歳)であった。47,594人年の追跡期間中に、全死因死亡は380人、CVDは103人であった。チロトロピンの高値は全死因死亡率とは関連しなかったが(調整後HR 1.02、95%CI 0.92~1.14)、心血管死亡率のポイント推定値は、若年者(72歳未満)ではリスクが増加し(1.31、1.00~1.72)、高齢者(72歳以上)ではリスクが減少する(0.77、0.56~1.06)方向に分岐していた。遊離チロキシン(FT)の高値は全死因死亡率(1.18、1.07-1.30)と関連し、心血管死亡率は高齢者のみ(1.61、1.19-2.18)と関連したが、若年者では関連しなかった(1.03、0.78-1.34)。遊離トリヨードサイロニン(FT)の高値は、女性のみで全死因死亡率と関連していた(1.18、1.02-1.35)。FTは心血管死亡率とは関連しなかった(0.91、0.70-1.18)。

RESULTS: Mean (SD) age of the 6,054 participants (52.0% male) was 53.3 (12.0) years. During 47,594 person-years of follow-up, we observed 380 deaths from all causes and 103 from CVDs. Although higher thyrotropin was not associated with all-cause mortality (adjusted HR 1.02, 95% CI 0.92-1.14), point estimates for cardiovascular mortality diverged toward increased risk in younger (<72 years) participants (1.31, 1.00-1.72) and decreased risk in elderly (≥72 years) (0.77, 0.56-1.06). Higher free thyroxine (FT) was associated with all-cause mortality (1.18, 1.07-1.30) and with cardiovascular mortality only in elderly (1.61, 1.19-2.18), but not in younger participants (1.03, 0.78-1.34). Higher free triiodothyronine (FT) was associated with all-cause mortality in females only (1.18, 1.02-1.35). FT was not associated with cardiovascular mortality (0.91, 0.70-1.18).

結論:

甲状腺機能の正常値が高い地域居住高齢者は、全死因死亡と心血管系死亡のリスクが高く、現在の甲状腺機能の基準範囲を再定義する必要性が強調されている。

CONCLUSIONS: Community-dwelling elderly individuals with high-normal thyroid function are at increased risk of all-cause and cardiovascular mortality, reinforcing the need of redefining the current reference ranges of thyroid function.