会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

脱エスカレーション時代のN2-3病変患者における腋窩手術の程度の影響:プロペンシティ・スコアマッチド・スタディ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Transl Oncol.2020 Jul;10.1007/s12094-020-02444-1. doi: 10.1007/s12094-020-02444-1.Epub 2020-07-06.

脱エスカレーション時代のN2-3病変患者における腋窩手術の程度の影響:プロペンシティ・スコアマッチド・スタディ

Impact of the extent of axillary surgery in patients with N2-3 disease in the de-escalation era: a propensity score-matched study.

  • Y Kong
  • A Yang
  • X Xie
  • J Zhang
  • H Xu
  • M Li
  • N Lyu
  • W Wei
PMID: 32632654 DOI: 10.1007/s12094-020-02444-1.

抄録

背景:

腋窩リンパ節転移が陰性で限定的な乳癌では、腋窩の手術を減らすことが実現可能であることが証明されている。しかし、腋窩への負担が大きい女性では、解離の程度についてはまだ議論の余地がある。

BACKGROUND: Reduction of surgeries in axillary has been proved feasible in breast cancer with negative and limited involved axillary lymph nodes. However, for women with a heavy axillary burden, the extent of dissection is still arguable.

患者および方法:

2008年から2014年の間に外科的治療を受けた乳がん患者総数7042人から、腋窩病期分類がN2-3M0の692人(9.85%)をレベルI-II郭清群とレベルI-III郭清群に分類した。203組の患者をプロペンシティスコアでマッチングさせた。

PATIENTS AND METHODS: From a total of 7042 patients with breast cancer who underwent surgical treatments between 2008 and 2014, 692 (9.85%) patients with the axillary staging of N2-3M0 were classified into Level I-II dissection group and Level I-III dissection group. 203 pairs of patients were matched by the propensity score.

結果:

レベルI-III郭清を受けた患者のレベルIIIリンパ節陽性率は62.4%。レベルIII郭清によりN2からN3へと病期が上昇した患者は67例(22.1%)であった。追跡期間中央値は62.4ヵ月で、レベルI-II群とレベルI-III群の間には、RFS(P=0.897)、MFS(P=0.610)、OS(P=0.755)に有意差は認められなかった。ネオアジュバントサブグループと非ネオアジュバントサブグループの独立解析でも同様の結果が得られた。二値回帰モデルでは、レベルIIIの陽性はレベルIIの関与リンパ節のみに関連していることが示された。

RESULTS: The positive rate of level-III lymph nodes is 62.4% in patients who underwent Level I-III dissection. There are 67 (22.1%) patients who experienced rise in staging from N2 to N3 due to level-III dissection. With a median follow-up of 62.4 months, no significant difference was observed in RFS (P = 0.897), MFS (P = 0.610) and OS (P = 0.755) between level I-II group and level I-III group. The same results were observed in the independent analysis of neoadjuvant and non-neoadjuvant subgroups. The binary regression model showed the positivity of level-III is only associated with involved lymph nodes in level-II.

結論:

レベルIIIの追加解剖は生存への影響は限られているが、正確な病期ではまだ貴重である。腋窩の手術数を減らすことは、腋窩負担の重い乳癌患者においては慎重に扱うべきである。

CONCLUSION: Additional level-III dissection has a limited impact on survival but still valuable in an accurate stage. The reduction of surgeries in axillary should be treated with discretion in breast cancer patients with a heavy axillary burden.