会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ニューヨーク州で小腸閉塞で救急部に来院した患者の臨床経過。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Surg Endosc.2020 Jul;10.1007/s00464-020-07754-7. doi: 10.1007/s00464-020-07754-7.Epub 2020-07-06.

ニューヨーク州で小腸閉塞で救急部に来院した患者の臨床経過。

Clinical course of patients presenting to the emergency department with small bowel obstruction in New York State.

  • Lisa A Bevilacqua
  • Maria S Altieri
  • Jie Yang
  • Chencan Zhu
  • Mark Talamini
  • Aurora D Pryor
PMID: 32632484 DOI: 10.1007/s00464-020-07754-7.

抄録

はじめに:

小腸閉塞(SBO)は、米国の救急科(ED)受診の一般的な理由である。しかし、これらの患者の臨床経過についてはほとんど知られていない。本研究では、ニューヨーク州の小腸閉塞で救急外来を受診したすべての患者を特定し、その臨床経過を追跡することを目的としている。

INTRODUCTION: Small Bowel Obstruction (SBO) is a common reason for emergency department (ED) visits in the United States. However, little is known regarding the clinical course of these patients. This study aims to identify all patients presenting to the ED in New York State with SBO and follow their clinical course.

方法:

2012年から2014年までにSBOと診断されてEDに来院したすべての患者を特定するために、ニューヨークのSPARCS管理データベースを使用した。患者を追跡し、EDからの退院、入院、手術、30日間の再入院、転院、院内死亡を特定した。

METHODS: The New York SPARCS administrative database was used to identify all patients who presented to an ED with the diagnosis of SBO from 2012 to 2014. Patients were followed to identify discharges from the ED, admissions, operations, 30-day readmissions, transfers, and in-hospital death.

結果:

2012年から2014年の間に、35,646人の患者から43,567件のED受診(イベント)が確認され、そのうち2824件(6.5%)がEDからの直接退院となった。ED受診の大多数(n = 31,193;71.6%)は手術をせずに紹介施設に入院したが、7673例(17.6%)は入院して手術を受けた。少数派(n = 1947;4.5%)は三次医療センターに転院した。全体の30日再入院率は17.9%であった。手術を受けた患者は院内死亡の可能性が高いが、30日以内の再入院の可能性は低かった。

RESULTS: Between 2012 and 2014, 43,567 ED visits (events) from 35,646 patients were identified, with 2824 (6.5%) resulting in direct discharge from the ED. A majority (n = 31,193; 71.6%) of ED visits were admitted to the presenting institution without surgery, while 7673 (17.6%) were admitted and underwent surgery. A minority (n = 1947; 4.5%) were transferred to a tertiary center. The overall 30-day readmission rate was 17.9%. Those who underwent surgery were more likely to experience in-hospital death but less likely to have 30-day readmission.

結論:

我々の知る限りでは、この研究は、州全体の大規模コホートにおいて、SBOを発症してEDに来院したすべての患者の処分を調査した初めての研究である。入院患者の大多数は非手術管理を受けており、再入院、転院、院内死亡の割合は全体的に低かった。

CONCLUSION: To our knowledge, this is the first study that examines the disposition of all patients presenting to the ED with SBO in a large statewide cohort. The majority of admitted patients underwent non-operative management, with overall low rates of readmission, transfer, and in-hospital death.