会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

家族主義、自尊心、および肥満を持つラテン系青年の間での体重特有の生活の質。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Pediatr Psychol.2020 Jul;jsaa047. doi: 10.1093/jpepsy/jsaa047.Epub 2020-07-06.

家族主義、自尊心、および肥満を持つラテン系青年の間での体重特有の生活の質。

Familism, Self-Esteem, and Weight-Specific Quality of Life Among Latinx Adolescents With Obesity.

  • Marvyn R Arévalo Avalos
  • Stephanie L Ayers
  • Donald L Patrick
  • Justin Jager
  • Felipe González Castro
  • Yolanda P Konopken
  • Micah L Olson
  • Colleen S Keller
  • Erica G Soltero
  • Allison N Williams
  • Gabriel Q Shaibi
PMID: 32632446 DOI: 10.1093/jpepsy/jsaa047.

抄録

目的:

肥満はラテン系の青年に影響を与える重要な公衆衛生状態であり、生涯にわたる健康格差に寄与している。小児期および思春期の肥満は、生活の質(QoL)の低下と自尊心の低下と関連している。本研究の目的は、文化的要因(例:家族主義)と心理社会的要因(例:自尊心)の役割を、肥満を持つラテン系の青年の間で体重特異的なQoLの予測因子として検討することである。

OBJECTIVE: Obesity is a critical public health condition affecting Latinx adolescents and contributes to health disparities across the lifespan. Childhood and adolescent obesity is associated with reduced quality of life (QoL) and decreased self-esteem. The purpose of this study is to examine the role of cultural (e.g., familism) and psychosocial (e.g., self-esteem) factors as predictors of weight-specific QoL among Latinx adolescents with obesity.

方法:

糖尿病予防介入のために募集された肥満(年齢および性別のBMI>95パーセンタイル)を有する160人のラテン系青年(14~16歳)からのベースラインデータを使用した。構造方程式モデルを用いて、4つの潜在的構成要素(家族主義、肯定的自尊心、自己卑下、および体重特異的QoL)の間の関係をテストした。

METHODS: Baseline data from 160 Latinx adolescents (ages 14-16 years) with obesity (BMI > 95th percentile for age and sex) who were recruited for a diabetes prevention intervention were used. Structural equation modeling tested the relationships between four latent constructs (familism, positive self-esteem, self-deprecation, and weight-specific QoL).

結果:

モデルでは、家族主義からポジティブな自尊心、自己卑下、体重特異的QoLへの経路、ポジティブな自尊心と自己卑下から体重特異的QoLへの経路を検証した。家族性が高いほどポジティブな自尊心と関連していたが、自己卑下とは関連していなかった。一方、肯定的自尊心は体重特異的QoLの上昇と正の関連があったが、自己卑下は負の関連があった。さらに、肯定的自尊心を介してQoLに家族主義の間接的な効果があった。

RESULTS: The model tested paths from familism to positive self-esteem, self-deprecation, and weight-specific QoL, and paths from positive self-esteem and self-deprecation to weight-specific QoL. Higher familism was positively associated with positive self-esteem but not self-deprecation. In turn, positive self-esteem was positively associated with higher weight-specific QoL, whereas self-deprecation was negatively associated. Furthermore, there was an indirect effect of familism on QoL via positive self-esteem.

結論:

これらのデータは、肥満を有するラテン系青年の間でQoLに影響を及ぼす特定の文化的および心理社会的構成要素に光を当てる。この研究は、家族主義とポジティブな自尊心が肥満を持つラテン系青年の高い体重特異的QoLに関連する保護因子として機能しうることを示唆している;一方で、自己卑下が低い体重特異的QoLの危険因子として機能しうることを示唆している。

CONCLUSIONS: These data shed light into specific cultural and psychosocial constructs that influence QoL among Latinx adolescents with obesity. This study suggests that familism and positive self-esteem can operate as protective factors associated with higher weight-specific QoL in Latinx adolescents with obesity; whereas self-deprecation may operate as a risk factor for lower weight-specific QoL.

© The Author(s) 2020. Published by Oxford University Press on behalf of the Society of Pediatric Psychology. All rights reserved. For permissions, please e-mail: journals.permissions@oup.com.