会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

COVID-19パンデミック時に遠隔で放射線腫瘍学の研究を行う。孤立への対処 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Transl Radiat Oncol.2020 Sep;24:53-59. S2405-6308(20)30055-0. doi: 10.1016/j.ctro.2020.06.006.Epub 2020-06-18.

COVID-19パンデミック時に遠隔で放射線腫瘍学の研究を行う。孤立への対処

Conducting research in Radiation Oncology remotely during the COVID-19 pandemic: Coping with isolation.

  • Jennifer Dhont
  • Marialaura Di Tella
  • Ludwig Dubois
  • Marianne Aznar
  • Steven Petit
  • Mateusz Spałek
  • Luca Boldrini
  • Pierfrancesco Franco
  • Jenny Bertholet
PMID: 32632379 PMCID: PMC7299875. DOI: 10.1016/j.ctro.2020.06.006.

抄録

序論:

COVID-19パンデミックでは、個人は厳格な社会的隔離ガイドラインに従うことを余儀なくされている。パンデミックをコントロールするためには極めて重要ですが、隔離は生産性やメンタルヘルスに大きな影響を与える可能性があります。特にヘルスケアに従事する研究者にとっては、現状は複雑なものとなっている。そこで、放射線腫瘍学分野の研究者を対象に調査を実施し、社会的孤立と在宅勤務の影響についての洞察を得て、今後の仕事の指針とすることを目的とした。

Introduction: With the COVID-19 pandemic, individuals have been forced to follow strict social isolation guidelines. While crucial to control the pandemic, isolation might have a significant impact on productivity and mental health. Especially for researchers working in healthcare, the current situation is complex. We therefore carried out a survey amongst researchers in the field of radiation oncology to gain insights on the impact of social isolation and working from home and to guide future work.

材料と方法:

オンライン調査は、2020年3月27日から4月5日の間に実施された。第1部では、隔離中の研究に関連する具体的な側面の概要を把握することを目的とした14の質問が含まれていた。質問票の第2部(任意)は、有効性が確認されたHospital Anxiety and Depression Scale(HADS)であり、不安や抑うつ症状のレベルを評価するために使用される自己申告式の尺度である。

Materials and methods: An online survey was conducted between March 27th and April 5th, 2020. The first part contained 14 questions intended to capture an overview of the specific aspects related to research while in isolation. The second (optional) part of the questionnaire was the validated Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS), a self-reported measure used to assess levels of anxiety and depressive symptoms.

結果:

調査参加者543名のうち、48.8%がフルタイムで在宅勤務をしていると回答しています。生産性の低下を感じている参加者は71.2%で、58%の参加者が何らかの罪悪感を感じていた。グループ比較の結果、不安と抑うつ症状の両方の統計的有意性の唯一の要因は、支援的な制度の存在であることがわかりました。フルタイムで在宅で働かなければならない人は、在宅で働いている人に比べて抑うつ症状のレベルが高かった。不安スコアは研究年数と負の相関があった。

Results: From 543 survey participants, 48.8% reported to work full-time from home. The impact on perceived productivity, with 71.2% of participants feeling less productive, caused 58% of participants to feel some level of guilt.Compared to normative data, relatively high levels of anxiety and depressive symptoms were recorded for the 335 participants who filled out the HADS questionnaire. Group comparisons found the presence of a supportive institutional program as the sole factor of statistical significance in both anxiety and depressive symptom levels. People having to work full-time on location showed higher depressive symptom levels than those working from home. Anxiety scores were negatively correlated with the number of research years.

結論:

調査の結果、生産性とメンタルヘルスの両方に無視できないほどの影響があることがわかった。COVID-19パンデミックの間、放射線腫瘍学の研究コミュニティは在宅勤務を余儀なくされたため、将来の不利な状況に直面するだけでなく、一般的にワークライフバランスを改善するための教訓を学ぶことができる。

Conclusion: Results of the survey showed there is a non-negligible impact on both productivity and mental health. As the radiation oncology research community was forced to work from home during the COVID-19 pandemic, lessons can be learned to face future adverse situations but also to improve work-life balance in general.

© 2020 The Authors.