会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ウガンダの零細農家集団におけるコリンエステラーゼ阻害殺虫剤への曝露と血糖値。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Occup Environ Med.2020 Jul;oemed-2020-106439. doi: 10.1136/oemed-2020-106439.Epub 2020-07-06.

ウガンダの零細農家集団におけるコリンエステラーゼ阻害殺虫剤への曝露と血糖値。

Exposure to cholinesterase inhibiting insecticides and blood glucose level in a population of Ugandan smallholder farmers.

  • Martin Rune Hassan Hansen
  • Erik Jørs
  • Annelli Sandbæk
  • Daniel Sekabojja
  • John C Ssempebwa
  • Ruth Mubeezi
  • Philipp Staudacher
  • Samuel Fuhrimann
  • Alex Burdorf
  • Bo Martin Bibby
  • Vivi Schlünssen
PMID: 32632029 DOI: 10.1136/oemed-2020-106439.

抄録

目的:

糖尿病のリスクは、コリンエステラーゼ阻害性殺虫剤(有機リン酸塩およびカルバメート)を含むいくつかの農薬に曝露された人の間で上昇する可能性があります。この研究の目的は、アセチルコリンエステラーゼ活性がウガンダの零細農家の平均血糖値とどのように関連しているかを調査することであった。

OBJECTIVES: The risk of diabetes mellitus may be elevated among persons exposed to some pesticides, including cholinesterase-inhibiting insecticides (organophosphates and carbamates). The objective of this study was to investigate how acetylcholinesterase activity was associated with mean blood glucose levels among smallholder farmers in Uganda.

方法:

ウガンダの零細農家364人を対象に短期追跡調査を実施した。参加者は、2018 年 9 月から 2019 年 2 月までに 3 回受診した。各訪問時に、長期平均血糖値の指標としてグリコシル化ヘモグロビン A(HbA)を測定した。有機リン酸塩およびカルバメート系殺虫剤への曝露は、ヘモグロビンで正規化した赤血球アセチルコリンエステラーゼ(AChE/Hb)を用いて定量化した。参加者のサブグループについては、空腹時血漿グルコース(FPG)も利用可能であった。年齢、性別、身体活動レベル、果物や野菜、アルコール、タバコの消費量を調整した線形混合効果モデルと固定効果モデルで、HbAとFPG対AChE/Hbを分析した。

METHODS: We conducted a short-term follow-up study among 364 smallholder farmers in Uganda. Participants were examined three times from September 2018 to February 2019. At each visit, we measured glycosylated haemoglobin A (HbA) as a measure of long-term average blood glucose levels. Exposure to organophosphate and carbamate insecticides was quantified using erythrocyte acetylcholinesterase normalised by haemoglobin (AChE/Hb). For a subgroup of participants, fasting plasma glucose (FPG) was also available. We analysed HbA and FPG versus AChE/Hb in linear mixed and fixed effect models adjusting for age, sex, physical activity level, and consumption of fruits and vegetables, alcohol and tobacco.

結果:

我々の仮説に反して、我々の混合効果モデルは、低AChE/Hbと低HbAの間に有意な相関を示した。AChE/Hb=24.3 U/g(35パーセンタイル)の被験者では、AChE/Hb=25.8 U/g(50パーセンタイル)の被験者と比較して、調整平均HbAは0.74(95%CI 0.17~1.31)mmol/mol低かった。FPGについても同様の結果が示された。固定効果モデルでは、AChE/HbおよびHbAの相間変化については、明確な相関は認められなかった。

RESULTS: Contrary to our hypothesis, our mixed effect models showed significant correlation between low AChE/Hb and low HbA. Adjusted mean HbA was 0.74 (95% CI 0.17 to 1.31) mmol/mol lower for subjects with AChE/Hb=24.3 U/g (35th percentile) compared with subjects with AChE/Hb=25.8 U/g (50th percentile). Similar results were demonstrated for FPG. Fixed effect models showed less clear correlations for between-phase changes in AChE/Hb and HbA.

結論:

我々の結果は、コリンエステラーゼ阻害性殺虫剤への暴露と血糖値の上昇(HbAおよびFPGで表される)との間の因果関係を明確に支持するものではないが、逆因果関係のリスクがあるため、結果は注意して解釈すべきである。

CONCLUSIONS: Our results do not clearly support a causal link between exposure to cholinesterase-inhibiting insecticides and elevated blood glucose levels (expressed as HbA and FPG), but results should be interpreted with caution due to the risk of reverse causality.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.